待った待った。待ってましたー!
メタルギアソリッド3に、完全版「SUBSISTENCE」が出るようです。
こちら。

今のところ、発売日は未定のようですが、年内には出るといいな。
ジャングルでお正月を希望します。

オンライン対戦のようなものもあるみたいですね。
でも、肝心なものが見当たらないですね。

そう、英語音声。
これを待っていたために、MGS3はプレイしていないのです。

MGS2で、メタルギアソリッドをはじめて体験しました。
それでメタルギアはお気に入りになったのですが、
もしかしたら、ですね。

プレイしたものが、SUBSTANCEでなければ、あるいはお気に入りにならなかったんじゃないかと。

MGSは、製作の小島監督が、映画風の、あるいはそのものの作りを目指したと言っていいゲーム。
MGS2通常版でのプレイ開始時は、どっから聞いても映画が始まるよ、っていうアナウンスでしたもんね。
その名の通り、監督と付く位であって、映画もひどくお好きなんだろうと思うのです。


しかし、ですね。
言い辛いのですが、ローズの声が非常に気になるんです。
無理に演技しているような形に聞こえてしまって。
ミスマッチだと感じたのです。(あまりそういう声は聞きませんけど)

ローズは、芯の通った人だと思うのです。
多くのセリフで、それは分かると思う。
「私はあなたが好き。あなたを好きでいる私も好き。
 でも、私を形容する一言が、あなたの彼女だなんてのは嫌。考えただけでゾッとする。」
「私はまず私として認識されたいの。そして誰よりも…あなたから」
「あなた、どうして私と付き合ってるの? 私が美人だから?」
(一回だけ、言われたことが…(^_^;))

ちゃんと感情を表しつつ、真っ直ぐにものを見ている感じですよね。
色々抱えているから、尚更なんでしょうが…。

だからこそ、変にしなをつくるような声は出さないと思うんですよ。
出しても、それはたまにであって、出しっぱなしはおかしい。

声の調子に芝居がかかり過ぎている。
そういうキャラクターでも、そういう世界でもない。
無線会話を楽しむことが出来ず、放り出していたかもしれない。
(実際通常版はプリスキンとあった直後に停止)
そんなことを感じたのです。

同じ方が、MGS3で「THE BOSS」の声をしていらっしゃるということですが、
トレーラーを見た限りでは、非常にいい感じがします。
だから、たまたまだったんだろうなと。


でも、こういうことは、時折あるんです。
最近、ゲームも進化してきていて、声が入っているものが非常に多くなりました。
そんな中で、表現しにくいけれど、少しずれている感覚。
例えば、何かやけに可愛いらしい感じで、どうもマッチしていない気がする違和感。
声が入ることは良い事なんだけど、何か浮いている声を聞く位なら、
無い方が、プレイヤーの想像力に任せることができて、いいのかもしれない。

文化の違いなんだろうけど、やっぱり日本が一番、アニメーション技術は優れていると思う。
といっても、海外もので見たことがあるのは、ニンジャタートルくらいですけども。
でも、その弊害も、あると思う。それは、演技の幅…。
海外には、そういう環境が少ないから、MGSみたいなものの場合には、
確かに向こうの人を拾った方がいいと思う。

声のお仕事は、大変なんだと思う。難しい環境でもあると思う。
でも、その時その時に、その世界にマッチした声が聞きたい。そう願います。

という、わけで。
MGS3はまだプレイしていないのです。英語音声で聞きたい。
素直にのめりこませてください。お願いします。

でも、SUBSISTENCEで英語音声入っていなくても、やるとは思います。
いい加減、目の前に美味しそうな物があるのに食えないのは(^_^;)