東間です。武刃待っていうゲームタイトル、知ってます?

タイトーさんの創立50周年記念ソフトであり、
REDエンターテイメントさんと組み、Gacktさんを主演において、
作られた3Dアクションゲームです。

某ソフマップで、非常に安かったんですよ。
具体的には、399円…安すぎます。

なので、つい買ってしまったわけですが。

やってみて思うんですが。
そんなに面白く、なくはないよ?

こういうゲームにありそうなのが、システムがおかしいこと。

例えば、狙いたい的を狙えない(最悪)とか、
ある敵の反応が恐ろしく良くて、何も出来ないうちに終わってしまうとか。
シビアでありすぎるマップ構造であるとか。

そういうところは全然ないんですよ。

ただ、話がもうチョットなんというか。
Gackt扮するキャラクターを操って、敵と戦うんですが。
何だか話がよくわからないんですよ。伝わってこないというか、
説明不足なんじゃないかと。

どうしてか戦ってるけど、どうしてあなたはその人攫うんです?
見たいな感じが非常に付きまとう。

ということで、私みたいに話しや世界観の伝わり度重視の方は、
たぶん難しいかも。

あとは、全体の長さが短い。
この短さたるや…それはびっくりしますよ。

剣戟中に音が余りないのも問題かも。よくわからなさを増やしています。
あと、カメラの具合が良くないですね。
上手に固定できない。見たい所が見えない。
おかげで、妖術がうまく集まりません…。

でも、クリアできますけども。
剣戟の強化をして、剣戟中に相手の後ろに回ることを多用しました。

壁を走ったり、舞空や回避アクションなど、
アクションは動かしていて楽しいです。
正直、デビルメイクライ2よりはこっちだろうと。


公式サイトはこちらタイトーの武刃待サイト

zガンダムのときもあったんですが。
Gacktさんのインタビュー映像なんかも特典でありますよ。
山ちゃんの空回り加減が気になりました(笑)