これぞホンモノの鉄子。キタコレ。


ちょっと気付いたことがあって。
CGがいいと、やっぱり人気上がるんですね。特に発売前。
だから、そこが弱いと初動が悪くなる。

でも、プレイしてみると大したこと無かったりするのに、
それでも発売前人気は物凄く高くなる。

あと、どこか他のサイトで人気が高かったりするとね。
つまり、消費者の購買前行動として、
「損をしたくないから」と、「できればいいものに投資したい」があって、
やっぱり検索してから買い物に出るという形は変わってないみたいですね。

桜吹雪~千年の恋をしました」は、いい作品だったと思うんですよ。
ただ、ビジュアル的な部分が弱い。
原画はよくてもCG化された時に非常に弱くなってしまってる。
てか、CG化した時に活かせてない、原画のよさを。
同時期に発売された作品に比べ、体験版でもいい感触を与えられなかった。

…となると、売れ行き厳しかったんじゃないだろうか…なんて思ったり。
いや、他に比べて、ですけどね。
特典もあったりして、初動を稼げた部分も無くは無かったんだろうケド。


要するに…。
飛躍して結論書いちゃうけど、人は見た目が9割と。
だから、内容はともかく、天神乱漫の人気が高い、と。

…いや、天神乱漫、良いと思ってます。むしろ今絶賛迷ってる中(笑