ensembleさんの「Golden Marriage」体験版プレイしました。
「ゴールデンマリッジ」情報公開中!


お嬢様、お金持ちが登場する作品を作り続けているアンサンブルさんの新作は、
”お金持ちの恋愛事情もけっこう大変なんですADV”、「ゴールデンマリッジ」。

立花渚は、国内有数の巨大組織立花グループの本家次男。
数年前までは庶民的な生活をしていたものの、両親が亡くなったことで本家預かりとなり、
現在、跡継ぎとして最有力候補になっている。
寄ってくる女性のほとんどは、外見ないしお金目的であると思われるが、
続けているレストランでのバイト代で相手をしている。
そのことを、望月久美には心配かけているようだけれど。

お金がないわけではない。同年代からみたら、途方もない資産を受け取ってはいる。
けれど、渚にとって、生きていることのほうが大事だった。
過ぎた欲は、悪いモノを引き寄せる。そのことを、身をもって知っているから。

夕食時、立花当主の真嗣から、進路のことで話がしたいという伝言を受ける。
真嗣が現役を退くにはまだまだ時間はあるが、周囲の要請もあり、
本人の意思を確認しておきたい、ということだろうか……。

その話から数日後、週刊誌に”立花グループ次期総帥候補!”と掲載されてしまう渚。
翌日から、渚の周囲には有象無象のアプローチが……。

あえてオープニングムービー2を。
曲は「marry me ?」。
歌はDucaさん、作曲はANZIEさん。ゴールデンコンビです。

相変わらずインストールが必要、ウィンドウサイズの変更不可など、
システム面にはやや難があるものの、バックログジャンプ、マウスジェスチャーなど完備。

お嬢様はご機嫌ナナメ」や「桜舞う乙女のロンド」より、主人公が前に出てこなかったものの、
とても掴みやすく、進行によどみなく、体験版は楽しかったです。

お金持ち設定は変わらずありますが、今作ではどこか”お金より愛”を打ち出そうとしているのかなと。

それと、物語が掴みやすく、また難しい設定と感じられやすい経済ネタを、
割と軽めな事柄だけで進めていこうとしているので、興味の無い方にも問題無いと思います。

それと、意外だったのは、引っかき回し役にもうまいこと出番を与えていて、
不快感低減に向かっています。
また、お金持ちにも善行めいた投資スタイルにしているため、やっぱりこれも共感をとりやすい。
そのあたりがすごくうまいなって。

企画・メインシナリオは、たにかわたかみさん。

原画は早川ハルイさん、
サブキャラクタ原画として、了藤誠仁さん。
早川ハルイさんとこの彩色はすごいマリアージュ。とってもきれい。
了藤誠仁さんデザインの望月久美(ひな葉月さん)はヒロイン化しないのですか、良い子なのに。

一条寺透子(上原あおいさん)
「やっぱりカレーうどんはいつ食べてもおいしい……」
渚の家に入り浸っている、一条寺家の令嬢。
透子の父旧弊的で、家柄の割りにお小遣いは少なく、
代わりに渚の資産を借りて運用し、お小遣いにしている。
とはいえ、儲けに精を出すのではなく、その投資スタイルは、あしながおじさん的であり、
過剰投資でなく、程よい支援を目指している。

”黒猫”を名乗り、投資エージェントと会話するほか、
その投資スタイルから、慈善めいた行動をとることも。
自己資金を貯めて独立しようとしているようですね。

本人はコミュ障を自認するものの、小さな子とは遊べるし、気に入ってしまうと会話もできる。

黒猫モードの上原あおいさんに笑ってしまいました。すごいですよね。
できれば(略)とかまではセリフとして読み上げて欲しかったりして。
パジャマが黒猫の着ぐるみ風。
かわいいです。
玲によると、腰がとっても細いらしい。

天谷玲(夏野こおりさん)
「あのさ、プロポーズはまだ有効ってことにしておいて!」
お金に多少困っていたヴィオラ演奏者。
自分の腕には自信があるが、スポンサーがおらず、困っていたところ、
流れてきた週刊誌にあった渚の記事を見つけ、学院転入を決意。
初日から渚にアプローチを仕掛けます。

あまり人の話を聞かず、それでいて超ポジティブ。
それでいて、人の表情から内心を読むスキルが共存しているらしい。

ヴィオラにかける熱意はかなり高く、そのためであれば折れることも我を通すことも両方やってのける。
その実力は、渚からみても、桁違いの巧さ。

初登場時はかなり戸惑うキャラクタでしたが、体験版最後までいくと、
二度目プレイ時でも全く悪い気持ちにならないから不思議なキャラクタ。

体験版ではかなりの尺を取ってエピソードが展開していて、その効果が出たといえますね。
あと、このキャラクタビジュアルはつよい。

島影瑠璃(田中理々さん)
「なんであれ、ご指名とあらば参りますよー!」
レストラン、”アルス・ノーヴァ”で人気のフロア担当者。
どれくらい人気かというと、接客指名を受けるほど。

お人好し。
渚もトラブルにあった際、何度となく助けてもらっており、頼りがいもある。

私服が活動的なパーカースタイル。似合うなぁ。
ちょっと不安に感じたのが、芸能系スカウトの話になったり……しませんよね?

あまり出番が多くなかったんですが、紫子とは親友ということ。
花純が渚を気にしていることを気づいている。

丹下花純(羽鳥いちさん)
「弟のズボン、そろそろ新しいの買ってあげないと……」
下級生の勤労少女。
親がおらず、幼い弟と妹の面倒を全てみており、アルス・ノーヴァの皆勤手当をいつも目指す。
それも弟妹の衣服のためであったり、でもその弟妹が体調を悪くすると休まざるを得ない、
そしてバイト仲間の瑠璃や渚に迷惑をかけたくない……色々大変な子。

学院の学費は、サポートプログラムを受けている。
うん、たまに思うんですが、アンサンブルさんは毎回貧乏少女に色々背負わせすぎじゃないですかね。
それでもまっすぐくじけず生きている。たくましい女の子。

ちょうど出番が多くなりそうなところで、体験版が終わってしまい。
ヒロインの中で唯一、少し渚のことを気にしているようなところも。

春日野紫子(有栖川みや美さん)
「人間は個人の振れ幅がとても大きい、多様性のある生き物です」
執行部会長。
学院で一番古い、晴嵐寮の監督も務めている。

聖女オーラ、異名”プリマヴェーラ”を持つほど、笑顔で「だめです」と言って嫌味がない人。
玲のような爆走型タイプにもしっかりとたしなめることができる、大人な存在。

渚に興味はあったようですが、会話してみたい、という程度。

マリーカ・フォン・ヴィッテルスバッハ(香山いちごさん)
体験版未登場。初回限定特典のパッチで攻略可能、とのことですが、
もしかしたらルートごと、パッチ収録なのかな。

多少、整合性が怪しいところもあるんですが、
現時点ではヒロインからの好意の導線がほぼ見えないところが、いいなと。

不安なポイントとしては、ヒロインが多すぎること。
マリーカも入れると6人ですからね。
そのため、シナリオ担当されるのは複数人になるわけですが、うん、なんか不安だ。
なし崩し的に同居になっているわけですし。

でもこのシナリオ進行の良さがそのまま継続されていくなら、ビジュアルも好きですし、
今のところ、期待してもいいのかなと。

Golden Marriage 初回限定版【Amazon.co.jpオリジナルポストカードセット付き】
Golden Marriage 初回限定版【Amazon.co.jpオリジナルポストカードセット付き】

2014年5月30日(金)発売予定です。

初回特典は、マリーカ攻略パッチコードとサウンドトラック。
歌曲が複数入っているようですね。
予約特典は、早川ハルイさんによる設定資料集。