世の中どんどん変わっていきますな。
本当に変化のスピードが速いの何の。

さて、ニュース記事によりますと、ビックカメラとTBSが提携したんだとか。


[東京 19日 ロイター] ビックカメラ<3048.Q>は19日、TBS<9401.T>と業務提携すると発表した。両社の経営資源を効果的に活用しサービスの向上につなげる狙いという。
 両社は今後、ビッグカメラの店舗におけるTBSのオリジナル映像の放映や、ビッグカメラ店舗におけるTBSグッズの販売を行う。オリジナル映像の放映第一弾としてTBSは今月20日から1カ月間、10月から新たに放映予定のドラマ「セーラー服と機関銃」のオリジナル映像をビッグカメラ店舗で放映し、番組の認知度向上などを狙う。
 一方、TBSがショッピング番組などで蓄積したノウハウと、ビッグカメラの商品開発能力を活かし、共同で商品開発も行う予定。開発された商品は、TBSのショッピング番組や両社のネットショッピングサイトでも販売し売り上げにつなげる。


ビックカメラといえば、つい先月上場したばかり。
初値もいい感じだったみたいですね。

過去、ソフマップを吸収するなど、着々と上場準備を整えてきた雰囲気もあります。


今回のTBSとの提携は一体何をもたらすのか?

考えたのは2点。

・TBSの、対楽天政策
・これから行われるメディアビックバンこと地上デジタル放送化へ向けての布石

前者はわかりませんが、特に後者は、今後数年で、
各家庭が必ず電気店に足を運ばなければならない状況になる、いわば特需が起こりえます。
この期を逃す電気店はないでしょうし、また今後はテレビ局が選ばれる時代へと移行しますので、
尚のこと足元固めが必須なんですね。

いってみればADSL回線契約を電気店で結ぶ感じの事象が見えるわけですよ。
妄想としては、ね。

まあ、もしかしたらもっとオトナの事情があるのかもしれませんがー。
今回思うことは、そんな感じ。