SMEEさんの「カノジョ*ステップ」体験版プレイしました。
カノジョ*ステップ
”0からはじめる彼氏彼女関係”。
SMEEさんの新作は「カノジョ*ステップ」。
ks2

小早川秋は、転校する。
幾度も繰り返していることだ。
転校先では歓迎され、仲良くなっても数年後には必ずリセットされる。
友達は疎遠になり、最初から別れると分かっていては、恋愛などできない。
ずっと、そうだった。

6歳の時に両親と死別した。一回り年上の姉が親代わりになってくれていた。
依存をした。どこへ行ってもかばってくれる姉に。
親戚、近所……自分の人生を捨ててまで、出来損ないの弟を引っ張ってくれた。

彼女ができなかった理由は、数年後に毎度訪れる転校だけではなく、
姉への罪悪感があったのかもしれない。

今度の引っ越し先は、祖母がやっている民宿。
田舎。

自然は好きだ。
けれど、虫は極端に苦手。
こんなところでやっていけるのか、少し不安ではあるが……。
ks4

「明るくて感じの良い人ね。お姉さん?」
最初に、この場所で出会った女の子は、とてもフランクだった。
それに、声もよく通るし、美人だ。

「はい。本は好きなので」
虫のことを色々教えてくれたり、料理まで作ってくれる女の子がいたり。

「やっぱり私も一度は行ってみたいなって、つい思って」
快活で活動的ながら、ついあこがれを口にする女の子もいて。

「なら、少しお話しましょう? わたし、ちょうど退屈していたところなの」
色々なことに興味を持つ女の子も。

個性的な女の子達と出会うことで、
これまでとは少し違うステップを、秋自身が感じていた。

そして、姉から言われたのは……。

「部活はいいが、アルバイトは禁止。卒業まで2年、自分の楽しい時間のために費やせ。
 ――もう引っ越しはしない。今回が最後だ」
秋は、不思議と言われたことを素直に受け取ることが出来た。
それは、姉の気持ちが嬉しいことと、これからの、ここで過ごす2年への期待からで……。

体験版は、1.13GBでした。

OP曲、良い感じですね。佐々木詩織さんが歌う「ハレノヒステップ」。
前作の曲もすごく良かったですが。


体験版では、かなり要素を削っての公開となっていますが、
公式サイトのコンセプトを見ていると、本来はもっともっと、楽しめるようです。

まず、主人公は、誰とも知り合いでない状態でのスタート。
幼なじみ、知り合い……物語の最初から関係性が作られていることが多いですが、
本作では、そういうところがありません。

まあ、実際に進めてみると、意外とあっさり仲良くなってしまうので、
そこまで推せるほどのポイントではないかな?なんて思ってしまったりも。

体験版には収録されていませんが、マップ移動での行動選択があるようです。
マップ上にキャラクタがいれば、コミュニケーションを取りますし、
誰もいないとしても、寄り道が楽しい……ということかな?
誰もいなさそうに見えても、誰かいることもあるようです。

ヒロインとの関係が進むと、進展イベントが発生するようです。
ただ、そのイベントを見ながら、他のヒロインへ行ってしまうこともできるようで……。

告白イベントも、それまでの行動次第で変化があるようです。

さらに、告白後、その関係をオープンにするか、クローズ(秘密)にするかの選択もあるようです。
なるほど、体験版に収録されていた華野椎名(柚木サチさん)は、クローズですよね、これ。
ks5


……ということで、体験版では、あまりウリを見せていなかったのですが、
このウリを見せない状態でも、かなり楽しめたので、
さらに期待できそうな気がします。

これまでのSMEEさんヒロインと同じ雰囲気はするのですが、
仲良くなってからどうするか、といったところもありますし。
その違いを選択することで、差を見ていくこともできますから、
楽しみの幅がありそうです。


ただ。
気になるのは、原画であるとか、シナリオ担当が非公開なこと。
グラフィック面を見て思うのは、少なくとも、あめとゆきさんやひなたももさんではない、ということ。
その二人の原画を期待していたところがあったので、ちょっと残念。

(あめとゆきさんは新ブランドで新作準備中ですね)

とはいえ、SMEE作品は楽しめるものばかりですから。
ヒロインの魅力はきっと、本編で存分に発揮されることを期待して。

「6月の縁日の夜、ここで結ばれたカップルは、末永く幸せな人生を送ることが出来る」


2016年9月30日(金)発売予定です。


ダウンロード販売もあります。
カノジョ*ステップカノジョ*ステップ