あかべぇそふとすりぃさんの「竜騎士Bloody†Saga」体験版プレイしました。
『竜騎士 Bloody†Saga』を応援しています!
あかべぇそふとすりぃさんの新作は、「竜騎士Bloody†Saga」。
rs1

人は集まり、子を生み、それを繰り返し栄えていたが、
人は、人の力を超えるものに、怯えて暮らしていた。

火竜――。
気まぐれのように振り抜かれた尾が、人の培った技術と年月を要した建物を一瞬で破壊する。
中に居た人々も、建物の構造物と同じように吹き飛ばされていく。
天を仰いでは息を吸い、吐き出す息は灼熱の炎となる。
瓦礫も燃える人も、その巨躯は同じように踏みつぶしていく。

立ちはだかるのは、鎧を纏った者たち――騎士。
「これ以上、民を死なせるな。命に替えても足止めする」
威厳にあふれた声に従い、鎧の一団が矢を放つ。
その数は膨大だったが、その鱗に全て弾かれる。

火竜の目が、騎士団を見る。
すると、号令により、騎士団がゆっくりと下がっていく。
民から竜の注意を削ぎ、そして適度に竜の暴欲を満足させて追い返す……。

竜に襲われた国、ヴィルディルン。
ぐるりと城塞が取り囲むその国に、一人の青年が訪れた。
生業は薬草師。
飄々とした風貌だが、今はやや険しい顔つきをしている。
rs3

それも、ヴィルテルンの一角、煙が上がっていた場所へたどり着いたためだ。

竜、という名は、旅の途中で聞いたことがあった。
けれど、そんな恐ろしく大きい生き物を、どうにも信じられなかった。
だが、目の前の、人の営みが荒らされた暴虐の痕では……。

か細い呻き声が聞こえ、そちらに注意を向ける。
瓦礫の下敷きになっている少女がいた。
「待ってろ。今出してやる」
少女を元気づける言葉を掛け、慎重に、かつ手早く瓦礫を取り除いていく。
重みから解放された少女は、衝撃のためか、か細い声のままで礼を告げてくれる。
診ると、少女の背中の内側で出血がある。

もしかしたら、怪我人を集めて治療している場所があるかもしれない。
青年が誰かに聞こうとしていると……。
「何をしているんですか!」
背後から青年へ向けて、張り詰めたような声が投げかけられた……。
rs2

体験版は、1.05GBでした。
システムですが、セーブデータの表示をレール型から一覧表示に切り替えられるようになりました。
音楽がなかなかいいですね。

プレイ冒頭に、グロテスクなシーンが、という警告が出ますが、
さほど気になりませんでした。
どちらかといえば、「略奪者の淫宴」のほうが辛いかな、なんて。

この作品は、ちょっと変わった経緯による制作です。

そう、「銃騎士補償プロジェクト」です。

詳細は省きます。経緯はともかく、体験版をプレイした限りでは、
本気の制作だと感じたのです。

原画は、相川たつきさん。
ですが、制作経緯にもあるように、「銃騎士Cutie☆Bullet」にデザインを限りなく寄せています。

制作にとりかかってくれるのはありがたいことですが、
そうですね、せっかくのかっこいいデザインのキャラクタ、
もう少しだけ動きを感じる仕上げにしてくれるといいなと。
これは、別に女性キャラクタに限りません。
剣を持つ、斧を打ち下ろす。
まるで構えているだけみたいに見えるんですよね、そこが少しもったいない。
戦闘カットインはなかなかいいのに。

そこは気になりますが、それ以外がとてもいいです。

また、体験版をプレイした限りでは、
ヒロインがそれほど前面に出ていないところも、好感が持てます。

現実感、とでもいうのでしょうか。
そこに生きる人々の苦境、そして、それでも生きているという主張は、
丁寧に、彼らの現実を描くことで、とてもよく伝わってきています。

騎士団宿舎に身を置くロイは、騎士団の活動を手伝い、
町の診療所とを往復します。

騎士団の活動といっても地道なもの。
町の門を守り、盗賊を追いかけ、そして火竜が襲い来れば町の人を安全に誘導し、
そして竜を追い返すために盾になる。
火竜が去れば、被害に遭った地域の復興をする……。
そして平時には備えて鍛錬をする。

決して英雄譚で語られるような鮮やかなものではない。
なのに志願したヒロイン達の理由は何でしょうか。
rs4

また、主人公ロイにしろ、サブキャラクタにしろ、
非常にいい声を当てている。
男性陣が魅力的なのです。
ラーキング(黒瀬鷹さん)やマルタ(長崎あずまさん)のヒューマンドラマというか、
そのあたりにも期待しつつ、二人は最後まで生存して欲しいなと願うのですが……、
なんとなく難しそうな気もします。

かっこよすぎる男衆に囲まれて、それでもヒロイン達が主役となるのは、
……体験版の最後で登場した、岩のような卵から孵るモノがそれを為すのかもしれません。

主人公ロイは、何か過去に凄絶なものがあったようで、
たまにそれを悪夢で見ることがあります。

細く見えますが、騎士王ラーキングを驚かせるほど、
戦歴が築き上げた体格を秘めているようです。

しかしそれが果たして、火竜、そして町を害する何者かに届くのか。

ちょっと男達の生き様がみたいので、これは予約したいと思います。


2016年12月22日(木)発売予定です。