SWEET&TEAさんの「枯れない世界と終わる花」感想です。
枯れない世界と終わる花


2016年11月発売作品。

SWEET&TEAさんの「枯れない世界と終わる花」、
”美しく優しい舞台で紡がれる信頼と絆のADV”は、
幻想的な雰囲気の作品です。


花が満ちる、不思議な町に戻ってきたショウは、
野宿と空腹のなか、町で喫茶店をしているハルに誘われ、食事と寝床を与えられる。

ショウは、ある約束を果たすために訪れて……。

それでは、感想です。ネタバレはほぼありません。
ko5

体験版をプレイした時は、この物語はどんなお話なんだろう?
どんな終着を迎えるのだろう?という気持ちを抱きました。
ほとんどの方が、そうだと思います。

素晴らしかったのは、何よりシステム周りと、CGクオリティ。
本当に凄かったと思います。
CLEARRAVEさんの系列は、このシステムとビジュアルの良さがウリだと思いますが、
本当にきれいだなと。

この作品には、とても必要だったところですし、
システム周りも、プレイするのにストレスが無い、作品に対して統一感があるというところでは、
とても大事なんですよね。

どちらも、物語の雰囲気を楽しむことには必要なのだと、強く実感しました。

そのCGは、この作品のプレイ時間の長さを考えると、ボリューム満点です。
少しの間で入れるカットイン。必要だから用意して入れているんですが、
この、ゆったりした雰囲気のある世界で、ショックな出来事だからこそ、
バッと入れたりするんですよね。

音楽もなかなか落ち着いた曲が多くて良かったです。

花葬が流れるシーンでは、曲タイトル通りにもの悲しく、
未来への序曲が流れるのは、未来を見せてくれる場面で。

作品全体で、用意した素材の使い方がうまいです。

公式サイトを訪れても、花が舞っていますが、製品画面の中でも舞っています。
雰囲気の統一感。すごくいいですよね。

それらで彩るのは、やはり、幻想的な世界の終わり方。

はっきり描写しない。
描写しないということは、イメージを固めないということでもあります。
そこを、行間を読む、と表現しますが、ある程度は、そういう雰囲気の作品です。

けれど、
行間を読ませるつくりなのかな、と思ったり、
そうではないな、と思ったりすることがあって、
もう少し統一性というか、貫き通しても良かったのかもしれないな、と感じました。

そのために、語句をもう少し選んでも良いのかもしれません。

”耳が痛いくらいの静寂”。
うん、よく伝わります。

”優しい笑顔が、冷たく背筋を撫でる”。
うん、上手い表現ですよね。

”記憶が飛ぶ”。
ここは繰り返されてフォローされるので、何となく伝わるんですが、
できれば大事にして欲しいところで……、
このあたりのお話、ネタバレになるので書けないのですが、
そこはもう少し大事にしてほしいな、と思うところが届かなかったり、
台詞任せにしてしまっていて、
しかもそれが音声無しの台詞(つまりショウの発言)だったりすることもあって、
うーん、地の文で処理したほうが印象良くなるのではと思ったりとか。

あるいは、納得しにくい仕組みの部分があるとか。
ko6

そういうところは、確かにありました。
ありましたが、それでも、全体的な統一感、圧倒的な素材の良さが、
全てをまとめてくれた気がしています。

美しく優しい世界でした。


割り当てた声優さんもすごく良かったですね。
どのキャラクタもすごく魅力的だし、伝わりました。
ko7

「……このまま、こんな日が続けばいいのにな」
つぶやくハル(沢澤砂羽さん)のインパクト、ありますよね。
そうならないことを意識しているのがわかる、か細い声。


レンが妙に可愛いところは人気出そうですね。
システム音声があり、ダイアログ設定でオフにできますが、
オフにしようとは全く思えない。
「ちぇー」とかレン(秋野花さん)に言わせるのはやばいと思います。
疲れているとつい真似したくなるかわいさです。
ko8

というか、「あ、わたくし、ただのとおりすがりのロリっ子ですゆえ」からの下りがすごくいいですね。

あめとゆきさん、彩色も結構頑張られていたとのことですが、まさにまさに。
すごく良かったと思います。

なかなか、こういう作品はありませんから。
画面をただ眺めるように味わう、それだけで良い、きれいな作品って。