あざらしそふとさんの「アイカギ」体験版プレイしました。
あざらしそふと5th PROJECT「アイカギ」
あざらしそふとさんの新作は「アイカギ」。

春原望は、親にいわれて賃貸情報誌を集めた。
一人暮らしの練習をしておけ――、そんなことをいわれたのだ。

年が明けたら進学になる。
引っ越しシーズンぎりぎりになって、良い物件も残っていない、
そんなことになりそうな、望の性格を心配したのかもしれなかった。

ひとしきり物件情報をみた後、帰りに小鳥遊汐栞と会う。
汐栞は望の幼馴染みで、一緒に居ると時間が遅く進んでいく感覚に陥る。
汐栞の性格なのかもしれない。

そんな、のんびりしているように見える汐栞だが、既に一人暮らしをしていた。
話題が途切れ、けれど横から汐栞の視線を感じる。
何か話題があるのかと目を向けると、汐栞は視線を外す。

そういうことを繰り返し、汐栞のアパートまで来てしまう。
「んじゃ、また明日な」

「あ、あのっ!」
帰ろうとする望を引き留めて、また視線を泳がせ、モジモジした後、
汐栞は、突然なことをいうのだった。
「その、私の……、私の家で一緒に暮らしてみない!?」
ag2
体験版は、285MBでした。

原画はぎん太郎さん。

あざらしそふとさんの彩色すごくいいですね。
マスターアップイラストも出ていますが、これはすばらしい。

このビジュアルだけで、作品を見たくなりますね。

さて、独り暮らしのつもりが同棲になったわけですが、
あざらしそふとさんの、パーソナルビューで、
ヒロイン側がどう思っているのか、楽しむことが出来ます。

ヒロインを、一人に絞った作品。
いいですね、見るべき方向が一つだけというのも。

ヒロイン小鳥遊汐栞に、八尋まみさん。
ゆったりした印象が良く伝わります。
それでいて、主人公のことを好き、一緒に居たいという気持ちがよく分かりますね。

システムが、YU-RISですが、「ロイヤルガーデン」のほうが融通が利いたかな。
ag

でもコンフィグのこの汐栞には、やられました。



2017年1月27日(金)発売予定です。
ロープライス作品です。