あざらしそふとさんの「アイカギ2」体験版プレイしました。

あざらしそふとさんの新作は、”自堕落幼馴染とイチャラブ同棲ADV”。

家の手伝いもする。勉強が趣味。
いつの間にか、そういう自分になっていた天戸悟。
放課後になり、このまま教室で勉強するか、図書室へ行くかを悩んでいたところ、
先生に呼ばれた。

話は、隣の席の皇綾乃のことだった。
始業式からしばらく経つが、未だ空席のまま……つまり学園に来ていない。
何かあるのかもしれないが、いきなり先生が赴いてプレッシャーを与えるよりは、
元からの知り合いである天戸悟に様子を見てもらおう。
ついでに初日に配付された資料を持っていってもらおう、そんなことだった。

皇綾乃とは、いわゆる幼馴染み。
親同士の付き合いが長く、仕事での繋がりも無いのに、未だに連絡を取り合っているらしい。

その皇綾乃は、今年は新学期から新しい一人暮らしをしているそうだ。
「……あれ、いないのか?」
教えられた皇綾乃の住まいに行くが、呼び鈴を押しても反応が無い。
出直すべきか悩んだ時、ドアの内側から何やらドタバタと音が聞こえてきた。
「いますいます!不在じゃないですから荷物持って帰らないでー!」
天戸悟の目の前で、勢いよくドアが開く。
「宅配便さん!?」
「……じゃないです」
とは、何とか返答したものの。
ドアを開けた皇綾乃の姿は……なんというか。
邪魔にならないよう跳ね上げて留められた前髪、キャラが大きくプリントされたTシャツ、
のぞくのは生の足、そして、とりあえずで羽織っているような袢纏と、
学園で見ていた姿とは全く違っていて……。
at2
体験版は、153MBでした。

原画は、ぎん太郎さん。
シナリオは、もみあげルパンRさん。

うーん。
ぎん太郎さんは「アイカギ」でも良いキャラクタを描き出してくれましたが、
今回の皇綾乃のキャラクタデザインも素晴らしいですね。
そして、シナリオを担当するのはもみあげルパンRさん。
アイカギ」タッグ再び、ですね。

ただ。
確かに説得力は高いのですが、マッチしているかというと少しズレを感じます。
キャラクタと声の。
遙そらさんの声は魅力的で好きですが、皇綾乃にはかわいらしすぎると思うんです。
ぎん太郎さん原画のキャラクタもかわいらしいから合いそうなのに、
どうしてかなと思ったのですが、
恐らく、自堕落という設定が頭にあって、
少ししっかりした声に感じてしまうのだと思います。その違和感だと。

とはいえ、なかなか魅力的です。

今作のヒロイン、皇綾乃の部屋は、ゴミも片付けられて居らず、
けれど壁や棚は、きちんと飾られているアニメやゲームのアイテム。
「……はいはいそうですー。私はいわゆるオタクってやつなんですー」
始業式が始まっていたことを忘れてゲームやアニメにふけっていた、というのがスタート。
生活能力を危ぶまれ、そのことが親に知られ、今後一人暮らしを継続する条件を出される。
それが、きちんと通学することと、次のテストで90点以上を取ること。
at3
「ふええええ~~!だずげでぇぇええ~~!」
このままだと、この生活が出来なくなる。そう思った皇綾乃は、主人公に頼ることを思いつく。
朝が弱いなら起こしてもらえば良い。勉強は教えてもらえば良い。
そういう家庭教師兼監視役に泊まってもらえば良いのだと。

「やったー! これで私の生活は守られたも同然ー! 勝ち確ー!」

という流れで、同居生活が始まります。
主人公は、皇綾乃と同居し、朝は起こし、食事を作り、なんなら弁当も作り、
そして勉強を教え、同じワンルームで寝袋生活をすることに。

同じ場所から同じ弁当を持って通い、同じ場所へ帰り過ごす。
表向きはオタクなことを隠しつつ過ごす皇綾乃。
少しだけですが二面性を持とうとしているところとか、かわいいですね。

ところどころでメガネを付けているのも、すごく良いですね。
アップになるほどかわいいというのが、ぎん太郎さんはさすがです。
自堕落幼馴染らしい表情差分が豊富で、そこも良いですね。
at6
制服を着たらキリッとしてみせるけれども、持続できないところとか。



2019年4月26日(金)発売予定です。

ダウンロード販売もあります。
アイカギ2アイカギ2