Triangleさんの「魔法戦士エメロードナイツ」体験版2もプレイしました。

Triangleさんの新作「魔法戦士エメロードナイツ -絆を紡ぐ女神たち- 」、
体験版第二弾がリリースされました。

me5

体験版第二弾は、242MBでした。

今回は、シーン体験版でした。
開始するとすぐ、エメロードフィーネのシーンが始まります。

もうだいぶ慣らされてきた頃なのか、フィーネは行為が何かを把握しているし、
自分の身体の状態も良く分かっているようです。

そして、すっかり錬金術を学んだキールが産みだした、特殊なゴーレム。
さらにキールは、エメロードミスティも手玉に取っているようです。
明示されてはいませんが、ミスティを支配していた池岡政次をあっさり退場させた様子。
体験版第一弾では、池岡政次が暗躍の上、最後には化けそうな印象があったのですが。

ということで、今作におけるメインの敵は、
前作「魔法戦士イクシードナイツ」に引き続きキールのようです。

体験版第二弾では、シーンが5つ収録されていました。
公式サイトのグラフィックページで公開されているシーンが主な収録対象です。
結局キールが魔法戦士を全員倒してしまうようですね。
me4
また、状況によっては、キールと組んでいるマリエラ(宇佐美日和さん)が、
命令したり言葉で責めたりします。
これは、「sin光臨天使エンシェル・レナFD」のルシフェルレナと近い役割。
ただ、ルシフェルレナよりマイルドです。

黒宇霞を演じる榎津まおさんは、さすがに演技上手ですね。
今作から鏡島樹、エリクシルローズとなった渋谷ひめさんも。
me3

ただ気になったのは、やっぱり音声が小さいんですよね。他の作品に比べて。
音声が特に大事な作品だと思うのですが。
ちょっとした吐息とか、ちゃんと聞こえるくらいが嬉しいです。

それと、御白晴香の収録された音声、喉の調子を整える声が、そのまま乗っています。
製品版にはきちんとした音声となっていることを希望します。

改めて考えてみると、こういうものは、音声収録時点でリテイクを出されないのでしょうか。
君島りささんはどうして咳払いをした後も、演じ続けたのでしょうか。
……など、色々考えてしまうので、公開体験版に収録してはいけなかったのではないでしょうか。

最初に聞いた音声というのはインパクトを残すもので、
製品版をプレイする時になっても、聞く時にその箇所が気になってしまうと思います。
となると、シーンに集中できなくなってしまう。

それと、このシーン。
シチュエーションは良いと思うのですが、もっと、
日頃はこんな風だったクラスメイトと、こんなことをしてしまっている、とか、
あんな人がこんな風な身体つきだったなんて、とか、
しかも自分はそれに応じてしまっている、とか。
何かもっと盛り上げても良かったかなと思います。

衣服の描き込みや身体バランスはすごく良いシーンなのにもったいないです。


今回のシーン体験版では、瀬之本久史さん原画によるエメロードフィーネの、
格好良いところが見られないのは残念ですが、製品版まで楽しみに待つとしましょう。


2019年6月28日(金)発売予定です。