Qruppoさんの「抜きゲーみたいな島に住んでる貧乳はどうすりゃいいですか?2」体験版プレイしました。

Qruppoさんの新作は、
「抜きゲーみたいな島に住んでる貧乳(わたし)はどうすりゃいいですか?2」。


橘淳之介は、あの長く熾烈な戦いを経て、勝ち取ったものがある。
そして、受け入れたものがある。
nd2
「おはようございます、淳之介さん……よい朝ですね」
台所に入ると、琴寄文乃がそう言って、いつも通りコーヒーを差し出してくれる。
寝起きの悪い、妹の橘麻沙音を食卓に連れ、いつも通りじゃれ合いながら食事を取る。
負傷のことを気にして迎えに来てくれる畔美岬が、いつも通り荷物を持ってくれる。
学園に向かえば、渡会ヒナミが朝から会えたと喜んでくれる。毎日会っているのに。
片桐奈々瀬と一緒に歩くときは、多分これからも同じ歩幅で歩くのだろう。
橘淳之介が創ったNLNSのメンバーは、全員が笑顔で学園に通うことが出来ていた。

敵対していたSSのメンバーもそれは変わらない。
学園に向かえば、糺川礼がSS風紀委員として持ち物検査に精を出し、
SSとしての仕事は適度にこなしつつ、出くわす度にからかってくる女部田郁子、
そして全校集会で登壇するのは、変わらず絶大な人気を誇る冷泉院桐香だ。
みんな、今の生活を楽しんでいるように見える。
nd3
これまで仁浦知事が行っていた条例をそのまま維持した形で来島者をもてなすA地区。
居住区として、橘淳之介たちが奉じた安全を確保したB地区。
そして、同性愛者向けのC地区。

青藍島の規律が一律ではなく、他人と、他人の価値観が尊重されるようになった。
条例を認めていなかった橘淳之介は、自らの価値観を認めさせつつ、
他人の価値観を受け入れたのだ。

そうして生まれた、共存が芽吹く新生青藍島。
それが、橘淳之介にとって、いつも通りの朝になっていた。

みんなが、別の予定を入れている休日のこと。
橘淳之介は、自分の趣味、いや芸術に没頭しようと3Dプリンターを起動させた。
橘淳之介は以前からあるコミュニティに入っており、その同志が創った作品を試すためだ。
しかし、その作品は、橘淳之介自身をコントロール不能にさせた。
次第に周囲が電撃のようなもので満たされていく。

そして、不意打ちに訪れたSSビッグスリー、糺川礼、女部田郁子、冷泉院桐香を巻き込み、
気付けば、橘淳之介は全く見たことが無い、なのに自分の部屋だと感じる場所にいた。
棚の中には、SSの制服。それは橘淳之介に誂えたように、ぴったりで……。
nd4
体験版は、1.67GBでした。
なんということでしょう。並行世界に転生してしまいました。
そこでの橘淳之介は、SS副会長となっています。
それも、あの力を使って。

そう、ここは、あり得たかもしれない可能性のひとつの世界です。
当初はファンディスクといわれていましたが、
「2」と改題したのは、このシナリオが理由かもしれませんね。面白いです。

前作をプレイされた方なら分かると思いますが、
相変わらず、あのテンションが全く落ちず、
むしろ、あのエンディングを超えたからこそ、
キャラクタだけでなくプレイヤーも、青藍島を認められたと思うのです。
それを感じる冒頭。
そして、橘淳之介が戦いを始める前の状態に戻ってしまった並行世界に、移行してしまいます。
条例があり、SSの力が強く、本島からの勢力は排除したようですが、
NLNSのメンバーは、橘淳之介を仲間として認識していない、敵になっています。

「ぬきたし2」は、”並行世界でもビッチに絶対負けたりなんてしない逃亡&バトルADV”。

SSとしての自分の立ち位置は受け入れざるを得ないまま、元の世界に戻るため、
一緒に戦うのは、SSビッグスリーの3人。
立ち絵が追加になって、非常にかわいらしいです。
というか、体験版だと、一緒にいればいるほどかわいいところが見えていきます。
意外と糺川礼(水野七海さん)は暴走しがちだし、
冷泉院桐香役の花澤さくらさんの寝息演技が上手すぎますし、
そして女部田郁子(倉田ありあさん)がツッコミ役をずっとしていて常識人に見えてしまったり。
前作では見られなかったところが色々と見られて、とても楽しめます。

かと思えば、スス子(藍沢夏癒さん)にも立ち絵どころかイベントCGが付いて人気が出そうですし、
花丸蘭(天知遙さん)も立ち絵が付き、デザインが変わっていたり性格が悪くなっていたりと、
SSメンバーの表現が充実しています。
それも、橘淳之介がSSに居るから。
SSの側から見る青藍島、SSメンバーを内側から改めて見直すという流れになっています。
nd5
ところどころに違いがある並行世界ですが、
鍵となるのは、恐らくこの秋野水引(わらび茶々さん)。

SHOの特別監査人。この世界ではSSの力が非常に強く、牽制と監視のために選出されています。
本人はその業務にあまり乗り気では無さそうですし、性格的にも我が強いわけではない。
けれど、元の世界にも居たこと、それでいて橘淳之介の記憶には無いこと。
そしてスレンダーであることを含めて、重要人物と考えています。
橘淳之介と性癖が合う、というのも。

並行世界に、NLNSは無い。けれど、反抗勢力は存在する。
では、その中心人物はだれか。
体験版をプレイすると、どうしてムービーがこういう構成になっているのか、よく分かります。
これは上手いですね。

前作がそうであったように、派手なエンターテイメント作品になっていることを期待します。


あ、そうそう。
前作は同じジャンルからのネタでしたが、今回のサブタイトルは、ライトノベルが多いようですね。
「盾の勇者の成り上がり」……。

このシナリオの他、前作のマルチエンディング後、各ヒロインのアフターストーリーもあります。
nd

システム面の改良が見られず、シナリオボリュームの割にセーブファイルが少ないのが寂しいですが、
仕方が無い、かな。

2019年7月26日(金)発売予定です。

初回特典版には、またしてもオリジナル小説、主題歌CDが付属します。
さらに地域情報紙も付くようで、楽しめそうですね。

話題にはなっていたけど前作を買い逃した方には、セットもあります。