シルキーズプラスさんの、
新宿STAR CRANEで開催されました。

このイベントは、2019年6月8日(土)に行われたものです。

JR新宿駅からは遠く感じますが、西武新宿駅北口からは徒歩1分もかかりません。

新宿STAR CRANEは、歌舞伎町の入り口にある地下のライブハウス。
いわゆるファッションホテルがすぐ隣にあるようなごちゃ混ぜの環境が、歌舞伎町らしいといえます。

地下のライブハウスですので、料金支払いやドリンクチケットも地下で行います。
ドリンクカウンターにいた方が正装していて、ライブハウスとしては珍しくて好感がありました。

会場はスタンディングで、100人以上は居たそうです。
後の方になってしまうと見られない状況だったと思います。
逢瀬アキラさんの表現ですと「酸素の薄い場所」になっていました。

告知の合ったように、トーク&ライブイベントです。
司会はいつも通り、広報たまさんです。

「缶詰少女ノ終末世界」トークパート
ステージスクリーンには烏森亜実花。
演じた鈴谷まやさんはバックステージから声を届ける形。
代わりに、ステージ上にはシナリオライターの渡辺僚一さんと、
辻花咲を演じた飴川紫乃さんが登場しています。

「烏森亜実花を演じてどうでしたか?」
「正反対の人だなって。だからこそ、演じてから、私強くなれたんじゃないかって」
というようなトークがなされていました。(やや記憶が怪しいです)
今回の、烏森亜実花生誕祭で、「缶詰少女ノ終末世界」ヒロイン全員の誕生日を祝ったとのこと。
さらに、鈴谷まやさんと飴川紫乃さんによる寸劇もありました。


「バタフライシーカー&FDパート」
ステージ上には、天童優衣役の花澤さくらさん。
OP曲を歌唱した真理絵さん。ED曲を歌唱した新海雅代さん。

萌えゲーアワード2018でミステリアス賞を獲得したお祝いでもあるそうです。

「海原望先生のほうから、曲はさっぽろももこさんでと」
「インパクト弱くなっちゃうので、ダーッと歌う」
「『はばたき』は本当に色んな夢を叶えてくれた」
「体験版実況もやらせていただきましたし、コラボカフェにも」
というトークがされました。作品は暗いトーンですが、終始明るい雰囲気です。


「言の葉舞い散る夏の風鈴」トークパート
バックステージに、真額詞葉を演じた桜川美央さん。
ステージ上には、OP・ED曲を歌唱した薬師るりさん。

萌えゲーアワード2018でボイス賞を獲得したお祝いでもあるそうです。

「真額詞葉が失ったものを取り戻すのを歌詞に入れられたらいいなと」
また、発売前のキャラクターソングがワンコーラス流されました。
「ぎゃぁっ」(最初に流されるのが担当した真額詞葉だと聞かされて)
かわいい反応に会場全体が笑っていました。


ライブパート
「バタフライシーカー&FD」
M1『colorful innocence』
 1曲を花澤さくらさんが歌唱。
M2『白き闇のアラベスク』

M3『絶望フラグメント』
 2曲を真理絵さんが歌唱。
M4『はばたき』

M5『さなぎ』
 2曲を新海雅代さんが歌唱。

「言の葉舞い散る夏の風鈴」
M6『言の葉舞い散る夏の風鈴』

M7『想いは言の葉にのせて』
2曲を薬師るりさんが歌唱。
根本さんのギターは何度聞いても良いですね。

「缶詰少女ノ終末世界」
M8『終末ノ少女』
 1曲を逢瀬アキラさんが歌唱。

M9『たまねこ音頭』
 広報たまさんと薬師るりさんで歌唱。
 
M10『die:ve!!!!!』歌詞が渡されており、会場全体で合唱です。


告知が色々なされました。
まず、シルキーズプラスさんが完全新作を準備しており、発表会を6月29日(土)に行います。
発表会参加申し込みは6月10日(月)より受付が始まるそうです。
(公式告知はこちら

また、夏のイベントに向けて、キャラクターソングが続々リリースされるそうです。
「言の葉舞い散る夏の風鈴」キャラクタだけでなく、「缶詰少女ノ終末世界」キャラクタも。

さらに、2019年末に大きなシルキーズプラスライブを行うとのこと。
たまねこさんによれば「ゆずソフトに負けないぞー!」だそうです。

今度も様々なイベント、新作と続くそうですので、期待したいですね。