3rdEyeさんの「レイルロアの略奪者」体験版プレイしました。

3rdEyeさんの新作は「レイルロアの略奪者」。
rr4
文明は大きく後退した。
行商の馬車が行き来し、仕事明けを酒場で労う者や、カジノに博打に耽る人もいる。
そして、中には古跡に潜り異端器物”レリック”を探してくる者もいる。

中世ほどの文明だが、今の世は、全ての人が何らかの異能”デュナミス”に目覚めている。
そのデュナミスは千差万別。
動物と会話できる者もいれば、帳簿から凄まじい速度でデータをまとめ上げる者、
酸の唾を吐く者もいる。

ティルトの異能は、雷を操るもので、
その力を正義のために使おうと保安統制騎士団に入団していた。

異能力によるものを含む、犯罪取り締まりを行う保安統制騎士団。
その、対神特化警邏部隊”ミスティルテイン”。
この部隊は、エラーの確保を最重要任務としている。

人は、確かに何らかの異能を備えているが、
突然、神憑”エラー”と呼ばれる状態になることがある。
原因は不明で、誰もがその危険を胎んでいるといえる。
rr3

数年前、”悪夢の再臨”と呼ばれる事件が起きた。
エラーは、人格が崩壊すると堕神”ナレハテ”となる。
強大な獣の姿、ナレハテとなった存在が、街並みを破壊し、人々を血色で塗りつぶす。

そのナレハテを止めたのは、剣聖オルシュタット。
……そして、レノだった。

レノは略奪者”スナッチャー”と呼ばれるタイプの異能力者で、パートナーが必須だ。
パートナーから略奪することで、超常レベルの力を得る。
レノの場合は身体強化。ただし性格までも粗暴になる。
多くのスナッチャーがそうであるように、パートナーとはいうものの、相手に管理されている関係だ。

悪夢の再臨でナレハテを止めたのは、オルシュタットだけでなくレノも、なのだが、
被差別者のレノが称賛を受けることはなかった。

その後、オルシュタットは保安統制騎士団長となり、
レノは別のパートナー、ティルトと組んで一般師団員となっている。
しかしそのことを、レノは全く気にしていなかった。

ティルトとレノは、最近、彷徨う神の掌”ミスティクス”という連中が悪さをしている、
そんな噂話を耳にした。
その連中は、エラーを利用した犯罪集団だというが……。

 
体験版は、3.21GBでした。
インストールが必要です。

キャラクターデザインは蒔田真記さん。
シナリオは、不死鳥さん、四万十川清流 さん。
音楽は、まもも さん。
CG統括は、あまがた さん。スクリプトは山@さん。
制作総指揮は、KEN-ZOさんです。

システムが大きく変わりました。
ウィンドウサイズの調整が、かなり可能になりました。
またフルスクリーンとの切り替えがシームレスです。
バックログが全画面で行われるのでなく、バックログウィンドウ内での表示になっています。
これは珍しいですよね。
ただ、バックログジャンプがなく、セーブファイルも非常に少ないです。
製品版全体の要所を記録しておこうとすると、少なくとも現状の倍は必要と考えられます。
それくらい圧巻の展開でした。

バトルシーンや日常演出を大きく変化させ、会話劇を中心に、スピーディな進行へ。
動の表現がグッと変わりました。

洗練されていないところはありますが、バトルが多いファンタジー作品に合うよう、
このような演出を決め、制作を続けてきたということですね。
素晴らしい。
rr6
さらに、バトルの中心となるレノに、男性声優さんを割り当てています。
瑠璃之晃さん。

レノは、通常状態では表情も変わることなく無感情。
背も低く、騎士団同僚に難癖をつけられることもあります。

パートナーのティルトが何かやらかしても、
ティルトが恥ずかしがっていたとしても、命令かどうかを確認するところから。
また味音痴で、味ゆえに廃止になった支給品携帯食料をよく食べています。

一方で、スナッチャー状態のレノは、まさに暴風。
命令こそ受け入れるものの、エラー確保に建物五棟を壊すほど。

これ、声が入っているからこそ、際だった変化だというのも分かるし、
抑揚のない状態に味が合って、暴走状態にかっこよさを感じるのでしょうね。

このアウトロー的な格好良さ。
rr5

さらにかっこよさを増していくのは、まももさんの音楽です。
冒頭のバトルだから、というのもあるのだと思いますが、壮大なバトル曲が流れているんですね。
全般的に、良質ファンタジーRPGの趣があります。

やっぱり、バトルものは、格好良くあるべき、ですよね。

rr7
そして、ティルト・ブランドーラ(上原あおいさん)。
これも声の配役が上手いですね。
あと、この立ち絵が妙に味があって好きです。

悪夢の再臨事件で平和を勝ち取ったオルシュタットに憧れて統制騎士団に入り、
レノのパートナーになっています。

直向きに努力するタイプで、睡眠時間を削って修練を積んでいたり、
頼まれ事は素直に引き受けたり、公正であろうとする姿勢、
大事なのはいつだって今、というポリシー。
何よりも明るさがティルトの魅力です。

あと、大喰らい。
一人で六人前の料理を軽く平らげる。

レノとティルトの二人で、神砕く暴剣”ファフニール”コンビとして知られています。
rr8

しかし、どれだけ能力が高かろうとも、それで全ての異能者を圧倒できるかといえば違います。
自然発生的に未知の異能があり、異能者は神憑になる可能性があり。
そして悪用する意思は、人々の中にあるわけです。

キャラクタがよい、演出がより良くなった、音楽もよい。
体験版をプレイしていてワクワクします。

気になるとしたら、製品版の容量がどうなるのかということ。
この体験版で3GBでしたから。でも序章に過ぎないはずなのです。
2ndOPがあるでしょうし、前作「ソーサリージョーカーズ」サウンドトラックは、
ボーナストラックがあるにしろ3枚組みでした。

是非最後までしっかり描ききって、そして製品としてリリースして欲しいと思います。


2019年7月26日(金)発売予定です。

ダウンロード販売もあります。
レイルロアの略奪者レイルロアの略奪者