INTERHEARTさんの「マッチング結婚~アプリで見つける最高の花嫁~」体験版プレイしました。

INTERHEARTさんの新作は「マッチング結婚~アプリで見つける最高の花嫁~」。

いつの頃からか、一緒に過ごす相手を求めるようになった相馬修二は、
友人の勧めで婚活アプリを登録した。

早速アプリを開くと、様々な人がひしめいている。
そこにいる人を見ていると、意欲にあふれていて、気後れしてしまいそうになる。
が、入会金や月会費を支払って登録しているのだ、無駄にしないように頑張ろうと、
婚活アプリのアドバイザーを頼りに選んでいく。

まずは……。
12
体験版は、716MBでした。

原画は、黄ばんだごはんキヌガサ雄一、よしひろさん。
シナリオは、藤井和敏さん。

婚活を進め、色々な人と出会っていく、そんな物語。
ネタは非常に面白いです。

婚活は、出会うまで、出会ってからも、
お互いのことを知るために尋ね合うようなのですが、これを選択肢で表現。
選択肢は三択で、良、可、不可という三段階の判定です。

ただ、どれを選んだら良いのかは、事前情報が少ないため、
相手のタイプを考えながらではあるものの、こっちかな?という選び方になりがち。
やや博打めいた選択になってしまい、総当たりになるかもしれません。
とはいえ、実際の婚活という場でどんな話題を選ぶかは、選択ミスが許されない状況でしょうから、
緊張感を持って選ぶという枷を掛けてプレイするのも面白いかもしれません。

7

例えばこれ。どんな結婚生活を理想としているのか?という質問。
これは相手と自分との価値観の差がはっきりする質問だと思います。

質問や答え、相手によっては、徹底的に怒られたりもします。
そこまでシビアな仕組みにはなっていませんが、興味本位で尋ねたり、
適当な答えを返してはいけないということですね。

8
堺のどか(風鈴みすずさん)

事務を仕事にしている、とてもかわいらしいタイプ。
主人公からすると年下にあたる。

すれておらず、全く悪い子ではなく、人気もありそうですが、
これまで周りに居た男性が良くなかったようで、少し男性をこわがっています。
迫られることのほうが多かったことが理由にあるのかもしれません。

かわいいものに目が無く、日頃ののんびりした雰囲気を飛び出し、語りに入ってしまう。
それでも、一人暮らしは寂しく、一緒に育む暮らしがしたいと考えているところがあり、
婚活を開始。

風鈴みすずさんは、キャラクタに合わせた声でなかなか良いですね。

9
堂島文乃(こなみ由梨さん)

仕事は営業で、それなりに成績を上げており、自信も持っているようです。
多趣味でアクティブ。無駄なことを避けたい。
焦りがあるのか、数日に一度は婚活対象の男性と実際に会っています。

チャットでは、緊張感のあるやり取りになり、いかにも厳しそうな印象が出ますが、
実際に会うと、フランクで気さくな印象。
お酒も好きなようですし、スイーツも大好物。
仲良くなっていくと、壁が消えて、素直な魅力を感じます。

ただまあ、デザインはもう少し考えても良いかなと思います。
リクルートスーツなんですよね。30代、営業職、成績上位者で、婚活する人が。

10
東海林美紀(赤月ゆむさん)

保険の営業職で、派遣社員。
愛嬌があり、自然体で、誰とでも距離感が近いタイプ。
意外にせっかちで、会話はサクサク進んでいきます。

外見は大人びていますが、声がかわいい。
かわいいものが好きだと意外に思われるそうなので、合っているかもしれません。

友人に子供ができて、結婚を意識するようになったとのこと。
そんなに婚活を失敗するようなタイプには見えないのですが、
はしゃぎすぎてしまい、グイグイ行き過ぎるということなのでしょうか。

11

三人とも魅力的です。こんな中から選ぶのですね。
それぞれ、お互いをしっかり見て、見極めようとしているので、
適度な緊張を感じながら、恋愛を進めていく作品のようです。


不満点は、システムが親切でないこと。これはもう相変わらず、ですね。プレイしづらいです。
それと、キャラクタの音声が非常に小さい。
音楽はどれだけ下げても聞こえてくるのですが。

あと、ヒロインキャラクタ以外は、候補に挙がってもまるで進展しないのがもったいないのと、
体験版のままなのだとしたら、ちょっと奥行きが無くて物足りなさそうな印象があるし、
サブタイトルにアプリとありますが、アプリあまり関係ないところも、もったいないなと。


2019年8月30日(金)発売予定です。