rootnukoさんの「LIKE×LOVE ~十津川 光~」体験版プレイしました。

rootnukoさんの新作は、「LIKE×LOVE ~十津川 光~」
”コミュニケーション+いちゃラブ 純愛ADV”。

10

春。
新生活を表す言葉だが、狭い地域で過ごしていた古河暦には、あまり馴染みがなかった。
けれど今年の春は、少し違っていた。
取り巻く大人たちと校舎がスケールアップする、だけに留まらない。
入学早々のテストでは、見たこともない順位になってしまったし、
これまで出会ったどのタイプにも属さない人間と、何人も出会った。
そんな気持ちも少し落ち着いた頃のこと。

クラスでは、仲の良さそうなグループが、連休の予定を立てようとしている。
その中心に居るのは、十津川光。
入学早々行われたテストでは学年一位、スポーツも得意という才色兼備。
気配りも欠かさない、クラスの人気者だ。

明るい彼女のようなタイプと、古河暦自身は違う、と思っている。
自分に陸上は合わなかった。どちらかといえば、本を読んだりして静かに過ごすことを好んだ。
前の受験準備で部活を辞めてから、この春も何をするでもなく。
いや、祖父の骨董品屋に行き、屋根裏部屋で過ごさせて貰っている。

いつものように音楽を流していたけれど、寝入ることができず、
この日はたまたま、周囲の景色を見て回ろうと、祖父の家を出た。
展望台に差し掛かると、珍しく人がいた。

それは、カメラを構えた十津川光で……。
9
体験版は、444MBでした。
インストールが必要です。

原画は、庄司二号さん。
シナリオは、川石幸宏さんです。

ヒロイン一人をフォーカスした作品です。

キャラクタの設定がよく、好感が持てる作品です。

十津川光(大和桜さん)
今年の春から転入してきて、人気のクラスメイト。
成績優秀、スポーツも得意。
遊びに行こうとよく誘われているが、本当はひとりで色々な景色を見るのが好き。
貯金で一眼レフのカメラを手に入れ、歩き回っていたりする。
だからといって、周囲と上手くやらないことに不安を持つ。
みんなと仲良くなりたくない、わけではない。だから教室では愛想良く過ごす。
なんていうか、無理に背伸びしたキャラクタ設定ではないんですよね。

タイトル画面で見るより、派手な印象があるキャラクタデザインですが、
撮る写真は、動的ではなく静的なものが多い。

その十津川光と、会話をしていくのですが。
気になるのは、このCHANGEボタン。
8
このボタンを押すと、伝える言葉を変えることが出来ます。
教室で、休み時間が終わり、ホームルームが始まる。
「うん。それじゃあ」といって会話を終わるか。
「うん。またね」と伝えるか。
些細な違いですが、相手の反応が変わってきます。

ボタンを押し、変更後の会話を見てから確定できるので、
やることは選択肢を選ぶのと変わりがありません。
が、あえて選択肢にしないのが良さなのでしょうね。一つの選択肢で会話が終わらず、
さらに分岐することもあります。
つまり、十津川光と向き合って会話している印象を持たせたい設計なのだと思います。
なので、この主人公らしい会話の運びを進めていく、そんなプレイの仕方も良いかもしれません。

体験版では、ゲージがかなり溜まってしまい、
やっぱりロープライス作品だから、奥行きなくこれで終わりかなと思っていたら。
6
相性ゲージ、ときめきゲージともに、満タンに溜まると繰り上がりました。
体験版ではここまで上げることができます。

体験版では、春の季節の一部を過ごすことができますが、
公式サイトを確認すると、これから、夏、秋、冬と、
十津川光と過ごしていくことができるようなのです。
まだまだ楽しませてくれそう。

冬の私服を確認すると、十津川光は、もうアクティブさを全く隠さない雰囲気で、
魅力的に見えます。


他のキャラクタ、主人公の親友、松本正志も面白いです。
キャラクタデザイン、もっと目立つような形でも良かったと思いますね。
寡黙という感じでもないのですが、会話はユニークで良いので、
何を話してくれるのかが楽しみです。


背景がかなり良いです。
写真を趣味、題材としているので、ここがしっかりしているのは大事だし、好感を持てます。
季節の移り変わりに背景がどうなるのか、楽しみですよね。

あと、音楽が落ち着いていて、非常に良いです。
音楽の担当はsolfaさん。
画面から受けるイメージや、シナリオ進行にすごく合っていると思います。
流石ですね。

恐らくシリーズ企画もありそうで、
その時は、色川鈴音がメインヒロインになるのかも、しれません。
7
というより、本編で、春以降も少しからんでくれると少し嬉しいんですよね。


2019年8月30日(金)発売予定です。

ダウンロード販売もあります。
LIKE×LOVE 〜十津川 光〜LIKE×LOVE 〜十津川 光〜