ninetailさんの「創神のアルスマグナ」ADV体験版プレイしました。

ナインテイルさんの新作は、”錬金術学園RPG”「創神のアルスマグナ」。

sa1
神秘と謳われたアルケウス大陸。
だが、今や脅威にさらされている。

触れたもの全てを分解し塵にしてしまう塵灰。
その塵灰の侵食が世界に広まり、人々は住む土地を追われているのだ。

シン・バルトは、家族を喪った塵灰の謎を解き明かすために錬金術師となり、
三賢人の一人と讃えられるアルベルトスに師事した。
その折、創神アスタルテの眷神と思われる少女、エンリと出会う。
エンリは、何らかの使命を受けていたが、失くしてしまっていた。

使命は、塵灰に関係するのではないか。
そう考えたシンは、塵灰研究の最先端でもある、王都のカリオストロ魔導学院へ入学する。
自身が幼く、塵灰から逃げるだけで、助けられなかった妹のアンナを思いながら……。
sa2
体験版は、298MBでした。

原画は、まさはるさん、椎咲雛樹さん、なるみすずねさん。

グラフィック面は背景もリニューアルされたように見えます。
が、相変わらずウィンドウサイズなどの調整ができず、プレイしづらいのが残念です。

それと、前作でもそうでしたが、声の音質が不安定です。どうしてしまったんでしょうね?
音楽には全く乱れがないのも、前作と同様です。

今回はADV体験版ということで、ストーリーを楽しむことが出来ました。
塵灰という恐ろしい脅威に蝕まれる世界で、錬金術を究め、立ち向かうという物語。
けれど、この世界の神は、禍神となってしまい討たれた一柱もあるようで。
また、学園には派閥があり、急進派と調和派の対立が目立ちます。
ダンジョン探索があり、そのダンジョン内で創神と契約し、錬金術士は力を得ることができます。
何より錬金術師ですから、アイテム合成もありそうです。

ナインテイルさんの過去作をプレイしていると、ロウとカオスに分かれるのかなと思ったり、
ここで強制戦闘があるんだろうなと思える場面があったりと、
分かる部分も多いのですが、それでいて新鮮な印象で進めることが出来ました。
sa
この時点では、完全な脅威として描かれるのは塵灰のみで、
どれほどの敵が待ち受けているのか、見通すことはできません。

この、今はまだ見えないという部分がとても肝で、
一足飛びに全く感じない設定の重厚さに繋がっていると感じます。

とはいえ、公式サイトがリニューアルされ、
マシーナクロニクルに関する設定ページが見られなくなっているのですが。

RPG体験版もリリースされると思いますので、
メインとなるプレイ体験は、その時まで楽しみに待ちましょう。


2019年11月22日(金)発売予定です。