しばそふとさんの「ママ×カノ」体験版プレイしました。

しばそふとさんの新作は「ママ×カノ」。

6

働いていた学習塾から、豊華学園が教師を募集していたことを教えて貰った。
一も二もなく飛びついて、晴れて教職を得た。

豊華学園は、育島教の母校。
だが、つい最近、女子校になってしまったらしい。

「多感な年頃なので、接し方には細心の注意を払うように」
そう伝えてくるのは、指導役となってくれる鳴沢亜由美先生。
学生の時は鬼だと思っていたが、すごく親身になって考えてくれていたってこと、
社会に出てようやく分かった。

初日、緊張から上手く出来なかった授業を振り返りながら、
母校近くの商店街に寄り、懐かしさを一通り味わって。
勤務先となる学校が借りてくれたアパートならば、距離も近いし、寄ることも出来そうだ。

商店街の一角、スーパーで、憧れの佐和子先生と再会した。
教職を志す切っ掛けとなった、高槻佐和子先生は伝説の教師といえた。
北海道や沖縄から豊華学園を受験し、教えて貰おうとする人もいたぐらい。
「もう『先生』じゃないわよ」
先生は辞めてしまったらしいのだが、教職に就くことができたと報告できた。

全てがうまくいっているわけではないが、順調な滑り出しの生活は、
しかし、学校の借りてくれたはずのアパートが、手違いで埋まっていることで急展開を迎えた。

手伝いに来てくれた佐和子先生、いや佐和子さんはすぐに把握してくれ、
自宅に住むように薦めてくれた。

佐和子さんの娘、優奈は、育島教の教え子になる。
話を聞いてくれない強引さで、佐和子
難しい年頃というだけでなく、パプニングが何かと起き、
一緒に暮らすことの難しさを早速味わっていた。

「優奈のこと、先生のお嫁さんにどう?今ならセットで私も一緒についてくるわよ?」
「そんなこと言って、絶対、破廉恥なことするつもりでしょ!」

こうして、学園でも住まいでも、魅力的な母娘と一緒に過ごすことになる。
普通には過ごせない、そんな毎日を予感させながら……。
4
体験版は、833MBでした。

原画は、りゅうき夕海さん。
シナリオは、志方孝志さん。

システムが、インターハート系列なのでしょうか?
UIこそ柔らかい印象のあるパネルを用意してくれていますが、使い勝手が悪い、プレイしづらいです。
ウィンドウサイズ可変ができません。
フォントサイズが小さい。申し訳ないですが読みづらい。
前作「ラブコーディネーション」の時はこうではなかったはず。

それと、音楽。
同じ曲が流れていますが、権利はどうされているのでしょうか。

その音楽は10%をデフォルトとされていますが、それよりも、100%設定のはずの音声が小さいです。
音楽の音質が良く、声の音質が悪く聞こえています。
高槻優奈役の水野七海さん、この作品の中では声が通りやすいのですが、
それでも音楽に負けています。これで良かったのでしょうか。


育島教は、教職になるのも、憧れの佐和子とその娘の優奈と同居するのも急展開。
そこからは、住まいで佐和子さんのアプローチ、それを押し止める優奈とのやり取りで楽しめます。

住むことになるきっかけですが、旦那さんのことを指摘しないのは何故なんでしょうね。
引っ張ったところで何も変わることは無いと思うのですが。

5
目立つのは、一際ピシッとした印象の、鳴沢亜由美先生(波野夏花さん)。

本当に親身になってくれているのが分かります。
支えたり、励ましたりするときはストレートに、
良くないと思った時は、きちんと指摘する。

教室に入る前に「行きますよ、育島先生」と呼びかけたのは、
あなたはここから先生になってください、ということですよね。
うん、いいなぁ。

仕様でやっているのかは分かりませんが、イベントCGで、微笑み差分を2段階一気に見せています。
ちゃんと笑顔を見せているのが伝わってきて、これが良いですね。

そんな鳴沢亜由美先生は、娘の律との関係に少し悩んでいるようです。
律は、水泳特待生。全国2位の実力ですが、勉強はさっぱり。
自由奔放で、鳴沢家と高槻家は親子の性格が逆転しているといえます。

鳴沢亜由美先生の体験版収録されたシーンも、なかなかでした。


ビジュアルの力が強くて、どのヒロインも魅力的に見えますね。
立ち絵から良いのです。

ただ、気になるのが。

主人公が佐和子先生の誘いに乗り、夕飯をごちそうになることになった時、
パジャマ姿の優奈が出迎え、びっくりする場面があるのですが、
優奈の驚く表情差分が無いですね。

テキストフォントが最小になっている、独り言をつぶやく場面でも、通常音声と同じ音量です。
きちんと独り言として演じるところですよね。

あと、音声ファイル呼出が出来ないシステムエラーが出ました。
インターハートさんはこういうの多いですね。

そして音楽。
サブスクリプションサービスだとして、商用利用は規約違反なことは先述の通りですが、
何よりも、音楽の主張が強くなってしまっています。
スーパーで佐和子先生と再会する場面、この音楽で本当に良かったの?と思うこと暫し。
8
さらにちょっとびっくりしたのが、
Fluoriteさんの「Missing-X-Link」と同じ通学路背景が使われていたりします。
トメフレの時は、「崩壊天使アストレイア」で、今作ではこれ。
テキストウィンドウのUIデザインも、うぃんどみるさんのようですし。
音楽の件といい、インターハートさん、何がどうなっているのでしょう。

りゅうき夕海さんデザインのキャラクタはすごく良いですし、
こういうことをしなければ、と思うのですが。


2019年11月29日(金)発売予定です。