ninetailさんの「創神のアルスマグナ」バトル体験版プレイしました。

ninetailさんの新作「創神のアルスマグナ」、バトル体験版がリリースされました。
ADV体験版は1章で終わりでしたが、2章までプレイできます。

カリオストロ魔導学園が管理している地底宮での課外学習。
新たな創神との契約を目指して進む箇所が、バトル体験版となりました。
sa5

その前に、システム面。
面白いのは、オートモードにしていると、バックログを見てもそのままオート進行します。
けれどバックログを止めると、オートモードが解除されます。
で、オートモードを始めようとクリックすると、現在進行中のセリフが飛ばされてオートモードが始まる。
ウィンドウサイズの調整ができないため、タスクバーにボタンが掛かってしまうことから、
フルスクリーン画面表示設定でしか遊べません。
このあたりは、前作までと変わっておらず、残念なところ。

ですが今作は、すごくGPUを使いますね。
マップで95%、戦闘ではほぼ100%稼働です。そのため、動作が重すぎます。
●グラフィック : 解像度1280×720以上 65536色以上必須/フルカラー推奨
●メモリ       : 2048MB以上必須/4096以上推奨
●V-RAM        : 256MB以上必須/512MB以上推奨(シェーダーモデル2.0以上)
動作環境には上記の記載がありますが、これだと動作できないと思います。

sa6

この作品、昨年中に予約済みなのですが、ちょっとプレイできるのか不安です。
動作不安定ななか、バトル体験版に収録されている2章まではプレイし終えました。


装備とかできないのに、創神に装備可能数みたいな記述があるのは不思議、と思ったくらいに、
操作が分かりづらいです。

今作の重要な要素である創神は、戦闘またはマップ上でクレストを得たら、
編成ボタンから創神画面に移行、画面左側にある獲得クレストから、
画面右下にあるキャラクタ隣4枠のどれかへ、マウス操作でドラッグしていきます。

クレストは、装備品のようなイメージを持つと良いのかもしれません。
セットすると、様々な特性を得ることが出来ます。
sa3
1章2章で手に入りやすいクレスト、牙ウサギだと、
戦闘で得られる報酬の獲得率が上昇する幸運と、敵の物理攻撃を回避しやすくなる回避特性が付与。
こんな風に4つ重ねてセットすることができます。

すると、ステータスにも影響があります。
基本的には上昇しますが、今後の登場クレストでは、この幅が大きくなる可能性が高いです。
探索ではアイテムドロップが重要になるので、しばらくは牙ウサギのお世話になりそう。
ステータス上昇は多くないのですが、しかたないですね。
sa4

ストーリーの進行は、物語コマンドから。
MainStoryと書かれたクエストをクリックすると進みます。
ただし、受注に条件のあるクエストもあります。

メインストーリーを進行するには、錬金術で防塵フードを合成しなければなりません。
防塵繊維、雨露布、獣皮の3つの素材を合成して完成させます。

この世界が、触れたもの全てを分解し塵にしてしまう塵灰の影響下にあり、
しかし探索は、その塵灰汚染地域まで進んでいかねばならないのです。
sa8

ストーリー進行はスムーズで、体験版までであれば難易度は低い、のですが、
ナインテイルさんですから。体験版以降がどうなるのかは分かりません。

それと、前作までのように、カオス、ロウといったルート進行があるのかどうか、ですね。

この初回版に付く、攻略小冊子が今回も頼りになりそうです。

2020年3月27日(金)発売予定です。

予約したのは半年前。当初は2019年11月リリース予定でした。いよいよですね。