Hendingさんの「火箭 ゆるすまぢ!」感想です。

2020年3月発売作品。

Hendingさんの、「火箭 ゆるすまぢ!そしらぬ笑顔と汚れた下着」は、”浮気妻にざまぁwするADV”。

美人で、自分と釣り合うはずも無いと思っていた美里が妻になり、
仕事は忙しいが、家に帰れば料理を作って待っていてくれる、不満の無い生活が送れていた誠人。
しかし、同僚から変わったサイトを見せられ、そこに美里と同じ特徴を持つ女性の写真があったり、
美里は最近働きはじめ、帰りが遅くなっていて……。

という導入です。
それでは感想です。
ネタバレはちょっと多めです。
52

こういう作品に満足できるかどうかは、かなり個人差があると思います。
かなり納得感があり、楽しめました。

最初に、シーンについて。
シーンの描き方がすごく良いのです。
シーンシナリオが良く、浅海朝美さん原画によるイベントCGも素晴らしいです。
数も多いし、1つあたりの長さもしっかりしていて、満足できると思います。
徐々に、という描き方もされていますので、次はどうなってしまうのか、期待と共に楽しめます。

購入された方は、ぜひオートモードで読み進めることをお勧めします。


さて、ここから先は、本当にネタバレになってしまうので、
気になっている方は避けていただきたいのですが。
(たぶんこの作品は、前情報を仕入れると、どんな形でも楽しみが減ってしまうかと)

こんな楽しみ方、こんな見方をしていました。
美里の本当はどっちなのだろう?と思いながら進めていました。
これは、公式サイトに物語の結末まで楽しんで欲しい、という記述があったからです。

そして、体験版以降が始まると、この記述が頭をよぎるのです。
これは意図された制作なのかはわかりません。

誠人は、美里の不義を示すものを見てしまい、悩み苦しみます。
そして探偵の徳美巨之介に調査を依頼します。
ある程度調べていた徳美巨之介から「真っ黒やわ」と即座にいわれます。

55
これは本当なのか?
というのも、送られた写真が想像の元になっているとはいえ、
続くシーンが誠人の妄想として描かれているのです。

本当に美里なのか?
疑心暗鬼でしょうか。誠人が想像しているだけであり、写真は捏造されたものだったりしないか。
それとも、探偵と間男の雄次郎が組んでいたりしないか?
あるいは、探偵が不和を狙って誠人に近づいたのではないか?

こういうことを考えながら読み進めることができて、とても楽しめました。

誠人の妄想を、プレイヤーは共有して楽しめる。
それが、なかなか良かったです。

けれども、テキスト上で、視点が、誠人になったり、美里になったりするんですよね。
同じシーン中に。それがちょっとなと。
誠人が美里になりきって妄想しているのかなとも思ったのですが、それも考えにくいのです。

この時点では、本当かどうかわからないハラハラにより、とても楽しめるのですが、
つまり、本当にあった事柄。その描写が混じっているのだと思います。
それが、進めていくと確定されてしまいます。

61

シーンの構築がとても良かったですね。
責め方がとにかくうまいです。
言い訳をたくさん作ってあげている。そして受け入れてしまえば、あとは。
一回してしまったら。
だから雄次郎側も手を尽くす。
ふんだんに使える資金と暇と言葉、それに身体とで、美里を攻略していく。
そんな雄次郎と関わってしまったのが終わりなのです。

シナリオが巧みでした。
誠人側の視点として描かれる不安。
「僕たちは……幸せになれるのか?」
本当が分からないまま、もしかしたらやり直せるのでは無いかという期待。
60
美里の描き方も。
元々関係があったのは間違いありませんでした。美里は経験者だったと誠人に伝わっています。
再び始まった雄次郎との関係も、誠人に隠すくらいの気持ちはあったわけです。
しかし、重ねるごとに、雄次郎はこんな風だったと、自分の過去と共に認めていく。
与えられる感覚に酔いしれながら、認め見直していく。
そしてどんどんエスカレート。
隠すくらいに残っていた気持ちは、してきたことを隠さなければいけないと、
雄次郎と関係を持った直後に、誠人とも関係しようとしたり、
最終的には、指輪に無体したり誠人の連絡を無視するくらいになる……。

自分を正当化していくのです。
相手のせいにしていく。非常に、とてもそれらしい思考を見せてくれます。
自分が得ている、得るものは良いもので、仮にそれが悪く云われる何かであれば、
それはそれ以外の事が悪いのだと。

過去のこと、誠人の考え。
描写を不足させずに、どんなキャラクタなのかを掴ませる。短いテキストで。
シーン中に何を感じたか、どう考えたかもしっかり伝える。
これは、シナリオの和泉万夜さん、そして企画原案・監修の虚空北星さん、万小太郎さんのお陰ですね。

58

柏木逢花さんがとても良かったと思います。
つい、流されてしまう美里を上手く演じてくれています。
すごく上手いですよね。優しさと勘違いするところも、良妻として接するところも。
人は、一つの面だけじゃないのかと思わされながら、それでも美里の設定のように、
美しく魅力的な存在として成ったのは、柏木逢花さんの力が大きいです。

あと。ビジュアル面。
しっかりと、男性側の体毛を描いているところがすごく好感度高いです。
シリアスめ、どうなるのか気になる重たい展開には、こういう描写が必要です。
それを、浅海朝美さんの描き出す魅力的なビジュアルに載せたというのが、何ともすごいところ。

美里のデザインは秀逸です。
最初に美里を見た時、美しい人なのだなとただ思うことでしょう。
全てを終えて見ると、退廃的な香りのする妖美と呼ぶべきでしょうか。
一通り行為を終えて、いつもの衣服を身につけ、日頃と変わらぬ笑顔を向けても、
すごく腑に落ちるデザインになっていると思います。

59
妄想だったというオチがあっても良かったかもしれません。
ゆるすまぢ、というタイトルですから、事実じゃ無いと始まらないとは思うのですが、
疑い徐々に壊れかけていく様が描かれたら面白かったかも、とも思うのです。

雄次郎の声が後半から入るのが良いですね。
妄想なのかもしれないと楽しめる形になっていたと思います。
本当は、パートボイスで、シーン中にしか割り当てていないだけなのですが、
疑いが確定するまで、誠人の焦燥感まで味わえたように思うのです。


ただ。
ジャンルというかテーマには偽りがあるように思います。

体験版ではシーンがいくつか収録され、それらを見ながら考えていたのは、
どんな形だろうと、美里は、誠人といる理由がないと感じていました。

だから、仮にざまあみろ、と言ったとしても、何も失うものは無い。
美里だけは。
でも、間男の雄次郎と合わせて逆襲する機会があるのかな、なんて思っていました。

ざまぁw、はできていません。
惨めな結末だけがあります。

体験版の箇所ですが、決定的な証拠を見つけているのに、
もしかしたら不義ではないのかもしれないと考えたりもする誠人。
これは、現実を受け止めたくないから考えてしまったのでしょう。

そして、夫婦関係構築には、もっとコミュニケーションを取るべきだという上司のアドバイスに従い、
あれこれする……そこがとても辛い箇所ですね。空回り。
そういう部分もしっかり描いてくれたのが良かったと思います。

56
誠人は、失っただけでした。
徳美巨之介が何度も問いかけてきた、”知ってどうするのか”。
知りたいと願った真実は、誠人が最初から何も得てなかったと、知ることだったのです。


一通り楽しめました。
あまりこういうタイプの作品に耐性がないので、これくらいのボリュームが良かったです。
終始ハラハラしました。お見事でした。



ダウンロード販売もあります。