catwalk NEROさんの「敗北の淫獣ハンター・緋炎姫アスカ」体験版プレイしました。

catwalk NEROさんの新作は、「敗北の淫獣ハンター・緋炎姫アスカ 結界学園の罠」。

淫獣の動きが活性化している。
人を守るために戦うネオアルゴー関東支部に、本部から指令が下された。

淫獣の活動を分析したところ、ある場所を中心にしていることが判った。
それが、天霧女子学園。
学園から事件があった報告は全くないが、様々な種類の淫獣が紛れ込んでいる可能性がある。
人間に憑依している可能性があるのだ。

指令は、この学園に潜入すること。
淫獣たちの狙いを掴むため……。
21
体験版は、922MBでした。

原画は、へいろーさん、saxasaさん、緑木邑さん。
シナリオは、小沢裕樹さん。

この作品は、「敗北の淫獣ハンター・月氷姫レイ 」を前作に持ちます。

敗北の獣ハンター・月氷姫レイ ~名門女学生と共に触手の苗床にされる美少女剣士~
前作と多少繋がっているようで、皇城レイと夜刀神アリサは自らの活動拠点だったアルゴーと敵対し、
レイは行方不明、残ったアリサがネオアルゴーを設立したのだといいます。

そのネオアルゴーでナンバー2の実力を持つ草薙シズナ(麻優莉さん)を筆頭に、
関東支部は少数精鋭で淫獣と戦っています。
20
桐生アスカは、武力こそ高いようですが、
総合的には欠番補充の7番目。
見習い扱いされるなど、恐らく最下クラスと思われます。
月氷姫レイに憧れ、暗い戦いをも、明るく挑もうとしてます。
脳天気という感じでは無く、言いづらいことは躊躇ってしまったりします。
バックボーンとなる、出生が不明であったり、親のことを知らなかったりするためでしょうか。

このアスカを、一原わこさんが演じます。
どちらかといえば、一原わこさんは年下を感じさせる声ですが、
ちょっと勝ち気に振る舞うところが、なかなか映えます。

お調子者で隙のあるところも、非常にらしいですね。
その隙を、警戒していない箇所から攻撃される様を見ることができます。
潜入した学園で行われる総合教育という名の洗脳。
精神防御訓練は受けていないのか、あっさり罠に掛かってしまいます。

前作は、肉体への攻撃に特化していたような感じがしますね。

体験版収録のシーンは、収録の都合でしょうか、音声が当てられていなかったり、
寸止めのような雰囲気が多く、冒頭のシーンのほうが見応えがあります。
なので、気になる方は公式サイトで確認を。

前作では最終的にレイやアリサのほかに4人もいて、非常にバリエーションが豊富でした。
キャラクタもシチュエーションも。
今作では少し抑えめに思えますが、どうでしょうか。


2020年6月26日(金)発売予定です。

ダウンロード販売もあります。
敗北の淫獣ハンター・緋炎姫アスカ 結界学園の罠