hibiki worksさんの「Re CATION」体験版プレイしました。『Re CATION ~Melty Healing~』を応援しています!

hibiki worksさんの新作は、”癒し系純愛ADV”「Re CATION ~Melty Healing~」。

システムインテグレーションの仕事で、2年目。
支社へ転属となり、この街にやってきた。
仕事は、情報管理システム開発プロジェクトのリーダーとなった。

日々が動き出す。
その目まぐるしい変化のなかで――。

慌てて決めたアパートは築60年と年季が入っているが、リノベーションされ内装は充実している。
アパートの管理人さんは柔らかい印象の綺麗な人。

オフィス近くの喫茶店では、変わったメニューが多い。
明るく元気な店員の女の子がいる。

取引先の大学は、そのために支社が作られたといわれるほどお得意様。
対応してくれる事務員は、仕事ができそうな雰囲気の女性。

――今後の人生にも影響を与えるかもしれない、出会いが……。
rc1
体験版は、658MBでした。

原画は、おりょうさん。
SD原画に、のいとさん。
シナリオは、水瀬拓未さん。
サウンドは、西坂恭平さんとなっています。

システムはあかべぇブランド共通の吉里吉里Z。
相変わらずセーブファイル数が少ないです。
またオートモードで進めていくと、セーブしたい箇所でセーブ出来ない。
すかさず解除していますが、それでも次のパラグラフまで進んでから解除される。
かつ、オートモード開始しようとボタンをクリックすると、セリフが丸ごと飛ばされる。
クリックでしか進行させたくないのかなと思えるほど。

じゃあ読み飛ばせば良いのかといえば、
セリフ途中に折角搭載した表情差分変化の全てをスキップすることになる。
もうちょっと調整して欲しいですよね。
バックログジャンプ機能もありませんし。

rc
名前を呼んでくれるラブリーコールは今作も搭載。
現在、3人ヒロイン合計で705の名前呼びと、
「あなた」「ダーリン」といった呼び方があることが公開されています。
なお、名前の変更などはプレイ中いつでも可能です。

意外だったのが、どこかを回ってステータスを上げたりする、
マップ探索SLG要素がなくなり、普通の選択肢型ADVとなっているようです。

体験版を進めたところ、一方通行のヒロイン脱落式進行。ツリー型と呼ぶと良いのでしょうか。
距離が空く選択肢を選んでしまうと、再び関係は築けなさそうです。

椿日菜子、月野瀬理歩、二川晴さんという順で、
管理人さんの善意を断らないと理歩とオフで食事に行けず、
理歩と食事に行くと、お店が二川さんのバイト先であっても現れない。
なんだろう、ここがとてもドライな感じがして、少し寂しいです。

また今作はアニメーションツールE-moteの搭載はありませんが、
背景、BGV、豊富な表情差分がキャラクタを彩ってくれます。

rc4
月野瀬理歩(葵時緒さん)

国立大学生態学研究室の事務員。
日中はベストスーツを着て、変わり者の教授に振り回され、宥めつつ仕事をこなしている。
学生からも人気。
主人公とは、ソフト制作者と発注側という関係になります。

お酒も食事も好きで、B級グルメ好き。
SNSなどはやらず、食事の写真を撮ることがあっても、自分の記録として。

スーツを着ると仕事モードのスイッチが入り、キリッとする。
ただ、打ち解けてからが魅力の本番。
堅苦しい口調が抜け、気さくな、隣にいる美人といった雰囲気が出てくるのです。
こういうのも良いですね。

どうなんだろうと思っていましたが、葵時緒さんの声による雰囲気作りが凄く良くて、
好感度がすごく上がりました。

実は、ちゃんらーという名前でゲーム実況をしている。
ウェブカメラやアバターを使わず、録画もしない。
視聴者数は少ないが、レトロゲームにありがちな難易度の高いものも楽しそうにプレイする。

ルートに入らないと、ゲームの進め方でトラブルが起き、配信が無期延期されてしまう。

rc5
二川晴(水野七海さん)

コンビニを2箇所、喫茶店で1つ。多くのバイトを掛け持ちする大学生。
主人公は、勤務先で昼食を取りに行った喫茶店、納品先となる大学、
つばき荘近くのコンビニと、3箇所全てで会うことができる。

かなりの機械音痴で、モバイルは持っているものの使いこなせていない。
妹にチャットアプリの設定もやってもらったほど。
電子レンジの扱いも苦手なくらいだったが、克服のためにあえて選んだ。
ただし別系列のコンビニにするのは避けた。

大学に通うためにこの街に出てきて1年、商店街の店とは古馴染みくらい、馴染んでいる。
幼い頃に楽しく過ごした記憶がある商店街が、進学する頃には消えてしまい、
寂しさを感じていたため、いまある商店街はひいきにしたいと思っているようです。

その人懐っこさと、賑やかにするのが好きな気質とで、商店街に貢献する展開もあるのかも。

鼻が良いのは、今後の展開を見込んだ設定でしょうか。
主人公から見るとほんの少し年下、でも若さを眩しく思う事も。

rc2
椿日菜子(森谷こころさん)

主人公が借りているアパートの管理人兼大家。
住み込みで管理をしている。
主人公より少し年上の設定です。

おっとりした印象ながら、DIYが好きで、大家となったつばき荘のリフォームも手掛ける。
形から入るそうで、電動ドライバー片手にカバーオール姿を見ることもできます。
しかも半年程度で作り棚を据え付けてしまうなど、上達が凄まじい。
機能的なものに目が無いようで、テレビで見た棚を早速貸部屋に付けたり、
新型の料理保存容器を楽しんで使っていたりします。

手掛けるアパートを好きになって欲しいと思っているようで、
管理人として借家人にどうするべきかなど、様々なことを考えてくれています。

以前は証券会社勤めだったそうですが、どういう経緯で管理人になったのでしょうね。

作る料理は家庭料理。
仲良くなると、手料理をタッパーに詰めてたくさん持ってきてくれます。
一つ一つに丁寧な解説付き。

高野豆腐のチーズサンド照り焼きが自慢の品。名前を聞いただけでおいしそうですね。
森谷こころさんの優しい声がビジュアルと凄く合ってますね。


この他、上司の吉野さんがすごく良い声で、
芸能マネージャーのようだ、という評判がよく伝わります。
(もしかしたら支社を事業部化させるとか、主人公のチームを連れて独立とかしそうですよね)


ちょっと気になるのは。
良い部分は見つかるのですが、物足りなさを感じるのです。

ヒロインとの恋愛を盛り上げる、過去作にあったシステムが無くなり、
CATIONシリーズとして捉えにくいといえば良いでしょうか。

例えば、システム。ラブリーコールだけでは物足りなく思います。
画期的なシステムですが、他ブランド作品で類似のものが出されていたりします。
2013年発売の「LOVELY×CATION」から搭載され続け、人気のシステムですから、
その手法が広がるのは無理もない。

仮にラブリーコールが没入感を目的とするなら、果たして名前を呼んでいるだけで成り立つでしょうか。
もう少しプレイヤーを能動的にさせる仕組みがないと産まれない感覚だと思うのです。
しかし今作は、僅か数回の選択肢でルートが決まってしまうようです。
ラブリーコールを活かし切れていないように思います。

マップ画面での探索でプレイヤーが移動先を選び、何かのイベントが発生する。
これは、ヒロインと趣味を同調させるためだけでなく、
ヒロインたちが過ごしている舞台イメージを増やしてくれて、
キャラクタをより強めるためのものでもありました。

CATIONシリーズをプレイされた方は分かると思いますが。
「どう、イケてるでしょー?」なんて同級生に言われながら岬の先端を案内されたいし、
「全部店長の受け売りなんですけどね」と店員さんに食べているバスバーガーの解説されたいですよね。
ガンナムUG最終話を見ておいたら、趣味を隠していた隣の席の女の子と会話が盛り上がるし、
夫婦で公園へ花見に行くから、お酒の手伝いもあって会話が広がるのですよね。

今作でだって。
理歩さんをレトロゲームショップに連れて行ったら楽しんでくれそうですし、
スマートフォンカバーを一緒に選んだら、モバイルに慣れようと晴は頑張ってくれるかもしれませんし、
管理人さんをホームセンターに連れて行ったら、キッチン用品から工具まで見て楽しんでくれるはずです。
rc6

もちろん、プレイヤーの任意で行かないと決めたり、手が回らないこともあるでしょう。
そのほうがリアルでは無いかと思えます。没入感がある。

制作コストが上がるのはわかります。プレイして手間だと思う気持ちも分かります。
シナリオ側や背景ビジュアルで舞台を表現してくれている部分も感じます。
エピソードの選択は良く、シナリオはかなり良いと思います。
じっくりじっくり見ていけば、確かにヒロインの良さは見つけることが出来るのです。
でも、弱い。
まるで3人ヒロインがいるADV、です。

手早く進めることを重視しすぎているように思います。
プレイ時間2時間、作中でも2週間くらいでしょうか。
キャラクタあたりの情報量が多くなく、主人公も新生活に慣れない状態で、
恋愛に至る過程が決まってしまう。
すごくイージーで、名前を呼んでくれても画面から意識が離れてしまう。
だから、楠響吾(初期設定の名前)の物語なのだなと思ってしまいます。

何かもう一つ無いと、この作品ならでは、が無いと。
とろけるまで癒やそうとしてくれても、癒やされている人が画面の中にいると思えそう。

ビジュアルが良くて、ヒロインの声が良い。魅力的。
CATIONシリーズは、さらに一つ上の体験をさせてくれる作品だったと思っているのです。

何かもう一つ、無いでしょうか。

2020年7月22日(水)発売予定です。

主題歌『ココロノ、オト』フルバージョン他BGMを収録したオリジナルサウンドトラック、
ドラマCDが初回版の特典です。

特典付きでは、描き下ろしB2タペストリーが付属。
予約キャンペーンは、描き下ろし複製イラスト色紙となります。
店舗特典は公式サイトで確認しましょう。