ぱじゃまエクスタシーさんの「こすつま」体験版プレイしました。
「こすつま」2021年3月26日発売!

ぱじゃまエクスタシーさんの新作は、「こすつま」。
9
妻の籠原美涼は、優しく包容力があり、料理も上手。
「……なかなか上手くいかないもんだな」
愛妻弁当をつつきながら、雅孝は職場でため息をこぼす。

美涼との仲は良い。先んじて雅孝の喜ぶことをやってくれる。
美涼はスタイルも抜群で、夫婦生活もある……が、雅孝より淡泊に思うのだ。
昨夜も、常識的な理由を持ち出されて延長戦を断られた。

後輩に聞かれ、ため息の理由を一通り話すと、後輩は想像もしないことを持ち出した。
「テレレレッテレー!催眠装置ー」
「は?」
現実と夢の境目がわからなくなっているのか心配したが、語る後輩の目は真剣で、
「先輩も、見てみたくはありませんか?愛する奥さんがコスプレしてくれる姿」
「……さ、さぁな……」
雅孝は、しどろもどろになりながら、装置を受け取ってしまうのだった。
8
体験版は、1.26GBでした。

原画は、天音るりさん。
シナリオは、大和うみさんです。

システム、バックログジャンプ画面まで凝っていますね。良いと思います。
立ち絵を動かすタイミングとテキストまたは音声まで、もう少し合わせられそうではあります。

さて。
どんな風に描かれるのかなと思っていたのですが、なかなか楽しい導入でした。

美涼(白月かなめさん)は、とても人が善いキャラクタ。
気遣いが細やかなタイプで、一緒に過ごせることをとても喜んでいるように思えます。
言い出しにくい、雅孝の会社の同僚の告げ口も、それが悪いことであればきちんと伝える。
ウィットに富んだ会話というのは、相手との距離感の良さを分かっているからできること。
そして、雅孝の趣向は尊重してくれているのです。
すごく出来た人なのだと思います、美涼。

起伏のない生活こそ幸せ。
……ですが、人は、あればそれ以上を望むのでしょう。雅孝は、自分の趣向に沿った夜の生活をしたいと考えます。

美涼は、恥ずかしいから無理といったタイプなのですよね。
夜の生活も嫌ではないけど恥ずかしい。
そこを雅孝が感じ取ってフォローしたら良かったのではないかなと思いもします。
美涼が初心だとは、思っているわけだから。

でも雅孝は、自分の欲ばかり見てしまうから、後輩から示された手段を試します。
無理強いさせたくないと言いながら装置持ち出すのもすごいですが。
そして、開き直って土下座するところ。潔くて良いと思います。
きっと、この二人らしいドタバタ、起伏のない日常の、エッセンスの一つなのでしょうね。
ちょっと言葉を応酬させても、二人の間で起きたこと。かわいらしい一幕。
6
そして、美涼は折れてくれます。

雅孝と愛し合いたくないわけではないし、雅孝は酷いことをしないだろうと信頼もしているのですよね。
本当に良い人と結婚しましたね、雅孝。

シーンはなかなかのボリューム。
ビジュアルにもかなり迫力があります。
体毛や汗表現されているのも、彩色もそうですが、肉感的な印象。
あくまで、大人な年齢の夫婦二人ですることというビジュアル。シーン内容。
良いですよね。

本編では、14種類ものコスプレが見られるとのこと。
体験版では、そのうち4種類が収録されていますので、ぜひお試しを。
7
(製品版では、この他にボンデージと牛衣装があるようです)

予約すると、ボイスドラマ「完堕ちスパイ大作戦」が付属します。
さらに初回特典として40分ものボイスドラマ「JK美涼と教室で」が付属します。
サンプルも公式サイトに掲載されました。パッケージ版とダウンロード版とで違うようです。

2021年3月26日(金)発売予定です。

認証は、playDRMです。

ダウンロード販売もあります。