あざらしそふとさんの「メイドさんのいる暮らしS」体験版プレイしました。

あざらしそふとさんの新作は、「メイドさんのいる暮らしS」。

立木光志郎は、国立大学を卒業し、大手企業に就職したばかりの身。

子供時代は、両親の都合で各国を転々としていた。
良くいえば、様々な経験を積むことができたが、悪くいえば両親の都合で幼少期を奪われた。友達を作る機会は極端になかった。
その反発から、既に自活している。

立木光志郎は、世間一般でいうところのイケメンではあるが、これまで数多くの誘いを断ってきた。
「お前には昔からの許嫁がいる」
親に反発をしながら、この言葉は信じてしまっていた。

ある朝。
立木光志郎がいつも通り目を覚ますと……体が動かない。
なんか俺……!! 今誰かに抱きしめられてるんですけど!?
め、メイド服だぞ……!?
「光志郎様……やっと、やっと会えました……」
76
体験版は、536MBでした。

原画は、yaman**さん。
シナリオは、早瀬ゆうさん。
システムは、Artemis。

両親が資産家といってもよい状態で、本来はコネで就職もできるところを蹴って、自分で大企業への就職を得ている。
また、自覚があるレベルのイケメンで、実際に多くの人から告白もされていた立木光志郎。

スペックは高い。でも恋愛経験なし。
そこへ、許嫁にしてメイドとして現れたのは、エレーナ・フラン・エバンス。
エバンス家との繋がりは過去からあり、立木光志郎は過去の記憶がない時期に何か関係があるようです。

ロープライス作品ということもあり、全体的にテンポの良い展開。
立木光志郎の適齢に、エレナというメイドな許嫁が現れ、少しすれ違うけど一緒に暮らすことになるという流れです。



この、少しすれ違うという部分が、少し解りにくいところでした。

立木光志郎が、親への反発と、突然現れてメイドを名乗るエレナに対する戸惑いから、
エレナを帰そうとします。
「自分の時間を大切にして欲しい」
親に縛られた自分のようなことになって欲しくない、したくない。
そんな思いからのようですが。

親から連絡があり、親の関与はないこと、エレナの好意を聞くことで、
立木光志郎はエレナを引き留めるのですが。

立木光志郎は何故エレナを迎えに行ったのかがうまく掴めていません。
ここがもう少し明解で、立木光志郎の行動の理由と同じ気持ちでプレイできていたら、もう少しすっきりした気持ちで二人のことをよしと思えたはずなのですが。

こういう衝突からの突破は、共感できたほうがいいですよね。
体験版中で一番の引き、作品アピールのポイントのはずです。

また、早瀬ゆうさんのテキストらしい箇所は随所にありますが、ブランドが違うからか振り切れてはいないとも感じます。

ヒロインのエレナは、雛咲ももさんが演じていますが、
この配役はすごく良いと思います。エレナのイメージを強調してくれています。
yaman**さんがのメイドデザインに合っていて、テンポの早い展開でも、海外出身でメイド姿、でも日本語堪能で家事万能。立木光志郎マニア。
設定だけ見れば、少しおかしいくらいなのに、ヒロインキャラクタとして見ることが出来る。
日常の会話が楽しいと思える時点で、購入してしまいますよね。

立木光志郎が忘れている幼い頃のエピソードは、きっと朗らかに思える何かでしょう。
音楽もしっとりしていて良いと思います。


2024年4月26日(金)発売予定です。


前作とのダブルパックもあります。